関東学生新進選手権(新進)5日目は各種目ベスト8の試合が行われ、早大からは男子シングルスの藤井颯大(スポ2=京都・同志社国際)と佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)がストレート勝ちでベスト4へ。準決勝は両者による同士討ちが実現することとなる。女子では唯一の勝ち残りとなった田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)がこちらもストレートで準決勝進出を果たした。一方、男子ダブルスの佐藤祥・本多映好(社2=岩手)組はスーパータイブレークの末に破れ、惜しくも準決勝進出を逃す結果となった。

★佐藤祥、藤井颯がベスト4へ!準決勝での同士討ちが実現(男子シングルス)


ストレート勝ちを収めた藤井颯

 男子シングルスの戦いもいよいよ佳境に入った。残ったのは、目標を新進での優勝と設定している両名。佐藤祥と藤井颯だ。双方、ファーストセット、セカンドセットそれぞれで同じ試合展開となる。
 佐藤祥は試合序盤、ブレーク合戦に。ミスは次第に減少。ターニングポイントとなったのはファーストセットの第8ゲームだ。3-4でリードされている場面。壮絶な打ち合いとなった。「ミスを減らして、攻撃するところは攻撃しようということをずっと考えていて、それがうまくいったゲームだった」(佐藤祥)と振り返る。このゲームを競り勝ち、流れに乗った。その勢いのまま、6-4でセットを獲得。セカンドセットでもブレーク合戦になるが、佐藤祥は慌てなかった。同じスコアで相手を下し、勝利をつかんだ。一方、藤井颯は3ゲームを連取されてしまう。しかし、徐々に調子を取り戻し、反撃。タイブレークに持ち込み、7-5でファーストセットを奪取した。セカンドセットに入っても同様にゲーム失うが、同じ展開でゲームを取り返していく。「1-4の瞬間にペースを落としました」(藤井颯)と語るように相手のペースに合わせないようプレーし、流れを奪取。セカンドセットも7-5で勝利を収めた。
この結果により、準決勝では佐藤祥と藤井颯の同校対決に。昨年の新進でもこの対戦は行われた。その時の勝者は藤井颯。6-1、6-2のストレート勝ちであった。佐藤祥が先輩の意地を見せ、勝利をつかむか。はたまた、藤井颯が連勝するか、注目だ。

(記事、小田真史 写真、石﨑開)

★佐藤祥・本多組は激戦の末、ベスト8敗退(男子ダブルス)


タイブレークの末、惜しくも敗れた佐藤祥(右)・本多組

 男子ダブルス準々決勝。佐藤祥・本多組はベスト16で小林雅哉(スポ3=千葉・東京学館浦安)・樋口廣太郎(スポ2=福岡・柳川)組を破った合戸廉太郎・田中瑛士組(明大)と対戦した。ファーストセットは互いにサービスキープをしあう展開が続いたものの、第1ゲームに許したブレークが尾を引く形となり、ワンブレークアップでこのセットを献上してしまう。それでもセカンドセットは「相手の前衛の動きに対してしっかり逆をついたり、空いているところに打てるようになった」(本多)と1−1で迎えた第3ゲームから5ゲームを連続で奪い、勝負は10ポイントマッチのスーパータイブレークへ持ち込まれた。
 セカンドセットの勢いのまま臨みたいスーパータイブレークであったが、「お互いにミスが続いて、完全に流れを渡してしまった」(佐藤祥)。開始からまさかの5連取を許し、完全に主導権を握られてしまう。傾いた流れを取り戻すことはできず、4−10でベスト8敗退となった。試合後、「悔しい」と声をそろえた佐藤祥・本多組。それでも、昨年からペアを組んできた中で最高の成績を収めた今回の新進は今後に向けた大きな糧となるはずだ。

(記事、林大貴 写真、石﨑開)

★田中李はストレート勝ちで準決勝へ!(女子シングルス)


女子で唯一の勝ち残った田中李はこの日も快勝

女子シングルスは準々決勝を迎えた。早大からは、前日チーム唯一のベスト8入りを果たした田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)が登場。石野碧(山梨学院大)と相対した。
しかし、「出だしは相手にペースを合わせ過ぎてしまった」。ラリーがなかなか続かず、第1ゲームから3ゲーム連取されてしまう不順な立ち上がりに。それでも徐々にペースを整えていく。その後粘りを見せタイブレークに持ち込むと、これを制しファーストセットを獲得。続くセカンドセットは「自分から仕掛けることを意識した」と積極的なプレーを見せる。相手の逆を突くスマッシュを数多く仕掛け、翻弄(ほんろう)。勢いそのままに流れをつかむと、6-4でセカンドセットを制しストレート勝ちを収めた。
 「大事な場面で自分から仕掛けにいって、ポイントを取りにいくことができたのが良かった」と勝因を振り返る田中李。これでいよいよ準決勝進出を決めた。「女子は私一人しか残ってないので、勝ちたい気持ちが一番強い。自分のテニスを最後までやり切れたら」。次戦でも強気なプレーを見せ、決勝へと駒を進めたい。

(記事、石﨑開 写真、小田真史)

結果

男子シングルス

▽準々決勝
◯藤井颯 7−5、7−5 蓮見(明大)

◯佐藤祥 6−4、6−4 佐々木(慶大)


男子ダブルス

▽準々決勝
●佐藤祥・本多組 4−6、6−1、4−10 合戸・田中瑛組(明大)


女子シングルス

▽準々決勝
◯田中李 7−6(3)、6−4 石野(山梨学院大)












コメント

佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)

――ベスト4入りについての率直な気持ちはいかがですか

ホッとしているっていうのが正直な感想ですね。

――きょうのゲームプランはどういったものでしたか

僕が左利きで片手バックということで、とりあえずは左のほうに集めてそこでチャンスがあれば自分から攻めていこうっていうのを徹底しようというのは試合前から考えていました。

――ファーストセットの第8ゲームは非常に長いゲームでしたが、そのゲームをものにしてから流れに乗れました。どういった意識でプレーしていましたか

2−3のところで取れれば本当は良かったんですけど、3−4でもやることは変わらなかったので。相手のミスもそんなに多くはないですし、序盤は僕の方が全体的にミスが多かったので、ミスを減らして、攻撃するところは攻撃しようということをずっと考えていて、それがうまくいったゲームだったと思います。

――ファーストセット、セカンドセットともに第1ゲームをブレークされる展開でしたが逆転できた要因というのは何か挙げられますか

向こうもそこまでサーブのいい選手ではなかったので、自分サーブをキープしてもブレークしてもそこはあまり気にせずに自分のやれることを一本一本ポイントで積み重ねていければ勝利は見えてくると思っていたので、あまり意識せずにプレーしていました。

――ブレークの多い試合となりましたが、サービスゲームに対する意識はあまりしていなかったのですか

そうですね、どちらかというと自分はサーブよりもリターンの方が得意なので、相手のセカンドサーブに対して攻撃的に攻めていくことが要所要所できていたので、そこでブレークでできたかなと思います。

――あすの準決勝は藤井颯選手との同士討ちになりますが、意気込みのほどは

去年の新進でも当たって、その時は負けているので、結果はどうなるかわからないんですけどお互いベストを尽くして、悔いが残らないようにいい試合をしたいと思います。

藤井颯大(スポ2=京都・同志社国際)

――大会5日目ですが、疲労はありますか

試合中は別に気にはならないのですが、試合後にストレッチを欠かさないようにはしています。それを怠ると次の試合に影響が出てしまうと思うので。

――ファーストセットもセカンドセットどちらも逆転勝ちでしたが、試合を振り返っていただけますか

相手もチャレンジャーとして向かってくると思っていました。いいプレーをしてきても自分は焦らずにいつも通りのプレーができれば逆転できると思っていました。相手のいいプレーは流して自分のいいプレーをしようと考えてプレーしていました。

――逆転できたことに関してどのように捉えていますか

1-4でも自分のサーブを一回ブレークされただけなので、最初のサーブを一回
ブレークすればイーブンに戻ると思っていたので、少しプレースタイルを変えました。しつこくやってそのセットを取られても仕方ないという気持ちでやっていたら何とか(試合を)ひっくり返すことができました。次戦に向けての準備もしやすくなったかなと思います。

――きょうの試合通してよかった点、悪かった点はありますか

良かった点に関しては相手の打って攻めてくるスタイルだったのですが、その相手を上手くかわすことができて勝利につなげることができました。そこが良かった点ですかね。悪い点は流れを持ってくるのが遅くなったことですかね。セカンドセットから持ってくることができたのですが、それがもっと早くできていればここまで競ったスコアにならなかったかなと思います。

――流れを変えることができたゲームはどこですか

1-4になったゲームですね。1-4の瞬間にペースを落としました。ペースを落としたことで相手がミスをし始めたので、最初からそこまで無理せずにできていれば疲労の面でも長い試合にならなかったかなと思います。相手は早い展開が好きだったので。

――最後はサービスエースで決められましたね

先輩にダブルファストって言われて(笑)。自信を持って打ったら入ったので良かったです(笑)。

――目標は何でしょうか

この大会が始まる前から優勝しか見えてない大会だったので、優勝して終えたいです。

――次戦に向けてお願いします

次は一個上の祥次さん(佐藤、スポ3=大分舞鶴)。昨年の新進(関東学生新進)の試合では結構いい試合ができたのですが、向こうもリベンジしたいと考えていると思うので、決勝に余力を持って勝てるようにしっかり頑張りたいと思います。

佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)・本多映好(社2=岩手)

――今の率直な気持ちとしてはいかがですか

佐藤 悔しいの一言です。

本多 悔しいです。

――きょうの相手は強敵のペアでしたが、対策等はございましたか

佐藤 小林と樋口からは動いてくるって言われていたので、ゆっくり相手の動きを見ながら打とうっていうことを意識していたんですけど、最初の方に僕が周りがあまり見えていなくて、相手の動きに引っかかってしまって、最初にブレークされたていう感じでしたね。

本多  僕らがやることはそんなに変わらないねっていう話をしていて、それができれば勝てるんじゃないかという話はしていました。

――相手ペアのサーブは非常に強力でした

佐藤 そうですね、向こうはサーブがいいので、とりあえずリターンを返せればなんとかなるっていう今までとあまりやることは変わらないんですけど、リターンを返してしっかりと突き球を打ってっていう。僕の方のところでその突き球方はミスが多かったかなと思います。

本多 サーブは良かったんですけど、片方はすごく動いてくるんですけど、片方はあまり動いてこなかったので、そっち側は結構狙い目なんじゃないかなと思って、しっかりとリターンを通して。狙う方は決めていたんですけど、なかなかできなかったですね。

――セカンドセットは非常にいいかたちで取りましたが、何か変えた部分などはありましたか

佐藤 僕が最初全然周りが見えていなくて、ファーストセットの後半からようやく見えるようになってきて、それをとりあえず継続しようという話はしていました。

本多  ファーストから結構良くなってはいたので、このままいけばいいなというのは思っていましたし、相手の前衛の動きに対してしっかり逆をついたり空いているところに打てたことでポイントを重ねられたと思います。

――スーパータイブレークは最初に5連取を許して流れを渡してしまうかたちとなりました

佐藤 1本目のリターンミスと2本目の僕の簡単なミスでセカンドセット僕らが勢いがあった分、相手に勢いが出てきてしまって。

本多 3本目の僕のボレーしっかり決めていれば多分競っていましたよ。コースが悪いんですよね、言われていたんですけど。最初の3本ってすごく大事で、そこを1本でも取れていれば変わっていたと思いますね。

佐藤 お互いにミスが続いて、完全に流れを渡してしまったと思います。

田中李佳(スポ1=兵庫・相生学院)

――大会5日目ということで疲れはありましたか

体力的な部分での疲れは少なかったですが、競っている試合が続いているため精神的に疲れている部分はありました。

――試合全体を振り返ってみていかがですか

大事な場面で自分から仕掛けにいって、ポイントを取りにいくことができていたから良かったと思います。

――ファーストセット序盤はやや苦しい展開だったと思いますが

出だしは相手のテニスがどんな感じか探りながらやっていて、ペースを合わせ過ぎてしまい、中途半端なポイントが多かった気がしました。

――徐々にペースをつかみ、相手選手の逆を突く場面もしばしば見られました。セカンドセット振り返ってみていかがですか

普通にラリーしていてもミスがなかったので、自分から仕掛けることは意識していました。自分から打ちにいってミスしたら諦めがつきますけど、守りのテニスをしてポイントを落としたら後悔が残るなと思ったのでいける場面は打とうと思いました。

――試合を見に来ていた先輩から「成長したね」と声を掛けられている場面が見えました。ご自身の成長をどのように感じていますか

自分自身ではあんまり分からないのですが、リーグとかの団体戦を通して、大事な場面でメンタル面が強くなったと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

女子は私一人しか残ってないので、勝ちたいって気持ちが一番強いです。自分のテニスを最後までやり切れたらいいなと思います。