競泳女子の池江璃花子選手(18)が白血病を公表し、世界各国からエールが届いた。

 中でも白血病と闘い克服した著名人や、大切な人を失った「当事者」たちの言葉には特別な説得力がある。

・合わせて読みたい→
戻って来い、池江!過去に病魔と闘ってきた選手、著名人たち(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/athletes-and-celebrities-who-have-fought-the-disease-in-the-past/)

 

◆サッカーJ2新潟・早川史哉(25歳)

 プロ1年目の16年4月に急性リンパ性白血病を発症。同年11月に骨髄移植を受け、2年以上の闘病生活を経てチームに復帰して練習している。池江には、同じ病気を患った者にしかわからないエールを送った。

 「池江選手のことは他人事でなく、自分のことのように感じています。周りの多くはきれいなドラマのように、復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは一人の人間として元気になってくれることを僕は願っています」

 「(選手として復帰した現在)まだコンディションは上がっていないし、悔しさもあるし情けなさもある。今、SNSで『早川選手が2年、3年で復帰したから大丈夫』という話を目にしますが、それぞれの病気ですし、病気によってもそれぞれの段階がある。誰かと比較せずに池江選手のペースでしっかりと病気と向き合って進んでほしいのが一番の願いです」

 「(闘病生活は)人の優しさや温かさも感じたけど、冷たさも感じた。これから孤独な闘いに入る。周りの信頼できる人たちといろいろな想いを共有して、決して一人で背負いこまず、弱音を吐ける環境だったり、仲間のサポートが絶対に必要です」

◆女優・吉井怜(36歳)

 00年7月、池江と同じ18歳の時に急性骨髄性白血病を発症した。01年に実母から提供されて骨髄移植を受け、1年2カ月の入院を経て02年10月に芸能界復帰。約2年間の闘病の日々をつづった手記「神様、何するの…」(幻冬舎)はフジテレビ系でドラマ化された。現在は「完治した」という吉井の体験談が胸に刺さる。

 「(白血病と診断され)頭が真っ白になった。なんで、なんで私なの? 私の命ってあとどれぐらいなの?と絶望的な気持ちになりました。池江選手がコメントで、前向きに治療に専念しようという告白をしたことはすごく勇気がいること。前向きに考えられる強さは尊敬に値します。私はすぐにそうなれなかったので」

 「仕事を休むのは支えてくれた方に申し訳ないし、芸能界に自分の場所がなくなるのでないかと不安になった。支えになったのは所属事務所の社長が『待っている』と言ってくれたことや、家族や医師のサポート。自分だけで全部抱え込まずに、家族や一緒に戦ってきたチームの皆さんに弱音も吐き出して、自分の大切な人たちに甘えてください」

 「骨髄移植のときの治療がしんどい記憶として残っている。最初のころは激しい吐き気、高熱が出て苦しんだ。髪の毛も抜けた。でも『私は絶対に戻るんだ』という気持ちを強く持っていたことが大きかった。池江選手には自分自身を信じて治療に専念していただけたらと思います」

 

◆相方を失ったカンニング竹山隆範(47歳)

 小学校の同級生だったお笑いコンビのパートナー中島忠幸さんが04年に急性リンパ性白血病を発症。06年に他界した。その後も「カンニング」の名を残し、ソロ活動している。闘病生活に寄り添ってきた竹山が当時を振り返る。

 「僕の人生において『白血病』という三文字が憎くてたまらない。正直いうと、白血病って遠くにある病気だって思うじゃないですか。『体が何かだるいな』で白血病と思いますか?
思わないでしょ。相方がテレビに出始めてすごく忙しくて、毎日寝れない状態が続いている時に、僕も相方もマネージャーもみんなだるかったから。はじめ風邪だろう、病院に行ってこいで始まって。まだ治んねえなっていう時に、ある日ロケバスから立てなくなって。もう1回病院にいって発見した。自分が白血病の疑いがあるなんて誰も分からないですよ、きっと」

 「池江さんはこれから、なかなか厳しい治療もなさると思う。僕も、相方の時ずっと横で見てましたから。本人が『闘う』っていってる限りは、あとはもう応援していくしかないんですよね。周りの人たちができることは『ただ絶対に治る』と信じることだけです」

◆父を亡くしたタレント中川翔子(33歳)

 「しょこたん」の愛称で知られる中川が9歳の時、人気歌手だった父・勝彦さんを急性白血病で亡くした。94年、32歳の若さだった。池江の白血病公表を受け、治療法の1つである骨髄バンクのドナー登録をツイッターで呼びかけた。

 「わたしの父が亡くなった頃の時代よりも、白血病は治療の方法や選択肢は増えていると思いたい。骨髄バンクのドナー登録は献血ルームで採血することで可能です。シンプルです。だれかの未来の治療選択肢、可能性の道につながるので、一人でも多くのドナー登録を願っています」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]