関東学生新進選手権(新進)本戦2日目。この日は男子ダブルスと女子シングルスの1回戦が各大学のテニスコートで行われた。男子ダブルスは出場した5組のうち、3組が初戦で姿を消し厳しい船出に。昨年の新進女子ダブルス優勝組の一人、米原さくら(スポ2=埼玉・秀明英光)や、実力者の下地奈緒副将(スポ2=沖縄尚学)が敗退するなど、女子シングルも出場した7人のうち3選手が1回戦で大会を去ることとなり、チームとしては明暗が分かれる結果となった。

★男子ダブルスは厳しい船出に…。初戦で3組が姿を消す


高村・名越組はスーパータイブレークの末惜しくも敗れた

 高村佑樹主将(スポ3=千葉・東京学館浦安)・名越大地(社1=兵庫・相生学院)組は法大のペアと対戦。ファーストセットでは、互いにサービスゲームをキープしあう膠着(こうちゃく)した展開の中、第8ゲームで初のブレークを許す。先手を打たれた格好となり、そのままファーストセットを3−6で奪われてしまう。しかしセカンドセットでは、第2ゲームで早くもブレークに成功。直後にブレークバックはされたものの、「これは流れが来るなと思った」(高村)という手応え通り、その後はゲームを連取。ツーブレークアップの6−2とし、セットカウントをイーブンに戻した。迎えたファイナルセットは大会規定により、10ポイント先取のスーパータイブレークでの勝負に。勝敗の分水嶺となったのは3−2で迎えた6ポイント目だ。ボレーミスをきっかけに3ポイントを連取され、一気に3−5とされてしまう。「あそこで流れを渡してしまった」(高村)。その後も巻き返しはかなわず、初戦敗退となった。
 藤井颯大(スポ2=京都・同志社国際)・武藤洸希(スポ1=東京・大成)組はファーストセットをタイブレークの末落とすと、セカンドセットでも鋭いサーブを放つ相手ペアにじりじりと追い詰められる。第7ゲームでは相手のブレークポイントで、オーバーコールによって判定が不利な方向に傾いてしまい、流れは完全に相手側へ。そのまま2−6でセットを落とし、ストレート負けを喫した。今大会屈指の実力者ペアである小林雅哉(スポ3=千葉・東京学館浦安)・樋口廣太郎(スポ2=福岡・柳川)組は、加藤翼(社2=和歌山・慶風)・新井湧己(教1=東京・早実)組との同僚対決を6−3、6−2で制し、二回戦へ駒を進めた。佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)・本多映好(社2=岩手)は一進一退となったファーストセットをタイブレークの末に先取すると、セカンドセットも互いに2ブレークで迎えたマッチポイントの第10ゲームにブレークに成功。「劣勢でも気持ちだけは落とさずに、意識的に気持ちを上げられたのが粘れた要因」(本多)とファーストセット、セカンドセットともに接戦となったが見事ストレートで初戦を突破した。

(記事 森迫雄介、写真 小田真史)

★実力者が初戦敗退。女子シングルスは明暗が分かれる


大石との同士討ちを制した山田

 女子シングルスでは、昨年の新進ダブルス優勝組の一人、米原さくらが登場した。試合は序盤からミートすることがうまくできず、失点してしまう。勢いを手繰り寄せることができないまま3-6でファーストセット落とす。セカンドセットでは2ゲーム連取し、流れをつかんだように思えたがそこから精彩を欠いてしまい、3ゲーム連取される。反撃空しく、3-6で落とし、敗戦。思うようなかたちを披露できず、悔しい敗北となった。山田菜津子(文構2=石川・大聖寺)は大石真珠美主将(文3=東京・早実)との同校対決に。「お話しする機会も多い先輩なので、今日はやりづらかった」(山田)と語っていたが、一進一退のどちらも譲らない熱戦となった。どちらもコーナーを攻めていく。ファーストセットでは大石が先行していく展開に。しかし、11ゲーム目で山田がキープし、初のリードを奪う。ここから流れに乗った山田はファーストセットを獲得。その後も主導権を握り、山田が勝利を収めた。最後に出場となったのが松本妃那(スポ1=福岡・柳川)。3ゲームを連取し、このまま圧倒するかと思われた。しかし、そこから相手選手が反撃。辛くも7-5で終える。追い上げられた悪い流れプレーにも影響を及ぼしていくことに。単調なミスから失ゲームが続く。2-5と追い詰められるが、ここから脅威の粘りを見せる。5ゲーム連続で獲得し、勝利を手中に収めた。
 森島優(駒大)との初戦に臨んだ下地。ファーストセットの第1ゲームでブレークに成功したものの、3−1で迎えた第5ゲームからリターンのミスが目立つなど5連取を許し、ファーストセットを落とす。セカンドセットも先にブレークを許し、劣勢に立たされるが、すぐさまブレークバックに成功するなど流れを取り戻し、セカンドセットでゲームをタイに戻す。ファイナルセットも拮抗(きっこう)したラリー戦が繰り広げられたが、互いにワンブレークで迎えた第10ゲームにブレークを許し万事休す。「自分のプレーができなかった。悔しいというよりも危機感です」(下地)とまさかの初戦敗退となった。

(記事 小田真史、写真 石﨑開)

結果

男子ダブルス

▽1回戦
◯小林・樋口組 6−3、6−2 ●加藤・新井組

◯佐藤・本多組 7−6(5)、6−4 奈良部・峰岸組(専大)

●高村・名越組 3−6、6−2、4-10 藤井・柚木組(法大)

●藤井颯・武藤組 6(5)−7、3−6 野田・坂野組(日大)


▽女子シングルス

▽1回戦
◯今村 6−2、6−1 金澤(専大)

◯山田 7−5、2−6 ●大石

●下地 3−6、6−3、4−6 森島(駒大)

●米原 6−0、6−0 中村(慶大)

◯田中 4−6、6−3、6−4 金山(明大)

◯松本 7−6(2)、6−0 俣賀(日大)












コメント

髙村佑樹(スポ3=千葉・東京学館浦安)・名越大地(社1=兵庫・相生学院)

――今大会の目標はどこでしたか

名越 ペアでの目標は、志を高くするなら優勝でした。ドローを見て第一シードだったので、まず一個目に勝ちたいなと。

髙村 とりあえず、ドローを見た瞬間に一試合目に勝てれば流れがくるなと思っていました。なので、一試合目に勝つことしか考えてなかったですね。

――ファーストセットでは相手選手のサーブに苦しめられたと思うのですが、どんなことを話し合っていましたか

髙村 一人のサーブが強くて速い。もう一人のサーブは少し遅いという感じだったので、相手がサーブの時にリターン通してプレッシャーをかけれるということ。その中で自分たちがサーブをキープしてプレッシャーをかけたいなと話していました。実際最初はできていたのですが、あと1ポイント、ブレークポイントが取れないことが多かったです。また僕のサーブゲームで苦戦して簡単に取れなかったというのが誤算でした。

――セカンドセット2ゲーム目でこの試合初ブレークでしたが、その時の心境をお聞かせください

名越僕は結構緊張しがちなタイプなので、髙さん(髙村佑樹)が笑いを誘うような普通の会話してくれたので緊張せずにできました。

――具体的にどんな言葉をかけられましたか

名越あんまり覚えてないです(笑)。毎回毎回緊張はほぐれる言葉かけてもらいます。

髙村何言ったかなぁ(笑)。勝ちを意識してしまうと勝ちびってしまうので「いつも通り、練習通り」という言葉をかけてますね。結構名越は緊張せずにできたと思います。「今日調子いいね」っておだてました。正直ブレ―クできるとは思っていませんでした。相手のミスもあり、ゲームを取れた時に流れがきたなと思ってました。取った瞬間はここから乗っていこうと考えていました。すぐブレークバックされちゃいましたけど。

――10ポイントのゲームに入る前にはどんなことを話していましたか

髙村10ポイントのゲームは流れがすべてだと話していました。最初から声を出して声で押していこうということと、勝ちを意識しないでやっていこうとしていました。それのおかげで出だしはちょっと良かったです。

――4ポイントを取った後は相手に連取される展開でしたが、その要因としては何でしょうか

髙村3-5のポイントですかね。長いラリーをしている時に僕がボレーでミスをしてしまいました。サーブゲームをどちらも取っている均衡した状態の中で、先に点を取られ、そこから流れを渡してしまったかなと。

名越あれは仕方ないですよ。

髙村仕方ないけど、あれで流れが完全にいってしまったと思う。

――この試合で自分自身収穫と考えている部分はありますか

名越僕はあの4人の中で、一番弱くて一番結果も出てません。髙さんと組めたというのもありますが、せれたので自身にはなりました。

髙村僕個人としてではなく、主将として名越をプレーさせて結構いい試合ができたというのは主将として収穫でしたね。

――組んでみていかがでしたか

名越楽しさはありました。勝利はなかったですけど

髙村僕が思っていたより名越が試合では緊張しすぎないのが以外でした。のびのびとできていたので、すごく楽しかったし、よかったです。試合ではすごい集中力がありました。試合をやってみないと分からないことがありましたね。

――これからに向けて一言意気込みをお願いします

髙村 僕は今度の学生大会出場は春関になると思うのですが、この頃あんまり公式試合勝ててないので、しっかり体もこの冬作って春関では単複で上位いけるように基礎から固めていきたいです。主将としては自分だけでなく、冬でチームをまとめて早慶戦で結果出せるようにやっていきたいです。

名越シングルスの試合が僕はまだ残っているのですが、次の試合もシードで格上の相手なので緊張せずに勝ちます。

藤井颯大(スポ2=京都・同志社国際)・武藤洸希(スポ1=東京・大成)

――今大会のダブルスでの目標は

武藤 2つ勝てば第1シードと当たる山に入ったので、まずはその第1シードと当たるところまでは勝って、あとは挑戦というかたちで頑張ろうと思っていたんですけど、初戦で負けてしまったので少し残念です。

――試合を振り返ってみて、どこが及ばなかったと思いますか

武藤 相手の弱点とか強みを把握したのがファーストセットの後半くらいだったので、それをもう少し早く把握して弱点を攻められたら良かったと思っています。

藤井 ラリーはいい感じでできていたかなと思っていますけど、相手の方がボレーで決めるポイントが多くて、そこを僕たちが強化できれば勝てたんじゃないかと思います。

――相手のサーブがかなり強烈だったように見えました

藤井 片方が強かったよね?

武藤 そうですね、片方の選手がサーブもストロークも良い状態で、ボレーもできる選手だったので、もう片方の選手を狙う作戦にはしていました。

――セカンドセットの第7ゲームでは判定を巡って抗議する場面がありました

武藤 あの場面は本来ならおかしい判定だったと思うんですけど、その後で切り替えて次集中するのが大事だと学びました。

藤井 ちょっとおかしいとは思うんですけど、そういう判定が出た以上こちらは何も言えないので。あれを逆に武器にして相手を困らせる展開に持っていければ良いと思っていましたけど、できませんでしたね(笑)。

――試合後にはコーチの方とお話されていましたが、どんなことを言われましたか

武藤 最初に反省点のところで言った、相手の弱点とか強みを試合中に早めに理解することを中心に話しました。

藤井 僕たちが団体戦でダブルスで勝つのは期待していないので(笑)、シングルスでしっかり勝てばいいよと言われました。ダブルスはあまり期待していないから、シングルスで結果を出してくれればいいと。それに向けて頑張りたいと思います。

――今後に向けて

武藤 シングルスでは明日第5シードの佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)さんと当たるので、そこはチャレンジャーとして挑めたらと思います。

藤井 シングルスは引き続き頑張りたいですが、しっかりボレーなどを鍛えて、ダブルスでも勝てる選手になりたいと思います。

山田菜津子(文構2=石川・大聖寺)

――今日の調子はいかがでしたか

サーブの調子は良かったんですけど、ショットの質はあまり上がってはきてないかなと思っていて、その中で自分がどうやってやろうかなというのは考えながらやっていました。あんまり調子は良くないです。

――今日の試合は同士討ちになりましたが、やりにくさはありましたか

ありましたね。指導して下さったり、お話しする機会も多い先輩なので、今日はやりづらかった、気まずかったです。

――第一セットは揺さぶられるシーンが多く見受けられましたが、何を考えながらプレーをしていましたか

ラリーをミス少なくやってくる相手というのは分かっていたので、その中で自分が攻めていけるときに、攻めていく、チャンスを逃さずに攻めていくことを意識してやっていました。

――第二セットは終始リードを保つ展開になりました。点を取り切れるようになった要因は

ファーストセットの中で取り切れて、自分に余裕が出たのと、相手も就活であまりテニスをされていなくて、結構疲れが出ていたので、自分が決めるポイント、主導権を握れるポイントが増えたことがあるかなと思っています。

――今後の意気込みをお願いします

もちろん勝ち上がっていくことを目標にしているんですけど、一戦一戦が山になってくると思うので、目の前の一本にこだわって、頑張りたいと思います。

佐藤祥次(スポ3=大分舞鶴)・本多映好(社2=岩手)

――ペアとしての相性はどう感じていますか

佐藤 去年1年間ずっと組んでいたので、そういう部分でお互い慣れている部分も多かったので、組みやすかったとは思います。

本多 祥次さんは結構しっかり確実なプレーをしてくれるので、僕が色々自由にやらせてもらえるので、僕としても組みやすいですね。

――きょうの試合はストレート勝ちでしたが、簡単な試合ではありませんでした。振り返っていかがですか

佐藤 そうですね、向こうもボレーが上手くて、浅い球なんかも混ぜてきて。僕らも戸惑うところはあったんですけど、ちゃんと返していけば向こうのミスも出てくると思ったので、なるべく僕らのミスを減らしていくということを意識していました。

本多  ファーストセットセカンドセットも最初にブレークをされる展開だったので、その中でリターンゲームでしっかり粘って取れたのは良かったですね。

――劣勢の場面もありましたが、取り返すことができた要因というのは

佐藤 僕らがミスをしている時にポイントを取られていて、まずそこをなくそうというところで。僕らのミスがなくなって、その中で徐々に向こうも焦りが出てきて、向こうにもミスが増えてきたかなという印象ですね。

本多  練習とかでは2人で気持ち的に落ちてしまう時が多くて、1回主将の高村さんに「ダブルスは気持ちを落としたらダメだ」っていうのを言われてから、どんなに劣勢でも気持ちだけは落とさずに2人で上げていこうという話をして、意識的に気持ちをあげられたのが粘れた要因だと思います。

――今日のペアでのプレーで良かった部分はありますか

佐藤 途中僕が気持ち的に落ちてしまう場面があったんですけど、そこは本多にすごく助けられた場面があって。逆に本多が少し落ちてしまうときは僕が逆に励まして、お互いに気持ちが下がらないように意識できた結果、劣勢でもしっかり追いついて勝ち切るっていうことができたと思います。

本多  お互い簡単なミスが出てしまう時があるんですけど、そこですぐにもう一人がしっかり取り返すっていうポイントが多かったので、相手に離されずついていけたのかなと思います。

――2回戦以降の意気込みをお願いします

佐藤 去年もこのペアでダブルスを組んでいたんですけど、初戦敗退だったので、まずはここを勝っていこうと。これからは相手もどんどん強くなってくると思うんですけど思い切って、チャレンジャー精神で挑戦していければなと思います。

本多  単複で本戦に上がれたのは初めてで。これからは自分よりも強い人と当たると思うので、僕もチャレンジャーで1個ずつ勝っていきたいなと思います。

下地奈緒副将(スポ2=沖縄尚学)

――1回戦敗退となりましたが、率直な気持ちとしては

悔しいというよりも、危機感ですね。いつも練習していることが全く出せなかったので。みんなが応援してくれていたので、勝つだけは勝ちたいと思ったんですけど。うまくいかないなという感じですね。

――一番の敗因というのはどこにありますか

自分のプレーができなかったのが一番だと思うんですけど、ポイントパターンが全然なかったので。自分からポイントを取りに行くことができなかったです。

――リターンのミスなども見られました

そうですね。最近はいいイメージがあったんですけどその中でうまく入らなくて。どうしようどうしようってなってしまいました。

――改善すべき点というのは何か挙げられますか

ボール打ち込むこともそうなんですけど、精神的に成長していかないといけないなと思いました。

――今年は副将を務めますが今後に向けては

部の中では引っ張って行く立場になると思うんですけど、コートの中で全然示せていないので、そういった面で成長していかないといけないなと思います。