3月2~3日に鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、WRブルーをまとったSUBARU(スバル)のレーシングカーが走行することが決定した。

車両は2018年SUPER GT GT300クラスに参戦した「SUBARU BRZ GT300」、2016年ニュルブルクリンク24時間レースでクラス優勝を果たした「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ」、1998年WRCに参戦し歴史に名を刻んだ「インプレッサ WRC98」の3台。スバルのレーシングカーがモースポフェスで行われるイベントに登場し、迫力のある走行を披露する。

またブース車両展示では走行予定のインプレッサ WRC98、東京オートサロン出展車「WRX STIラリーコンセプト」を出展。ドライバーサイン会も実施する予定だ。

なお、モースポフェス2019は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すれば無料で入場できる。

SUBARU インプレッサ WRC98/ドライバー:新井敏弘

SUBARU インプレッサ WRC98/ドライバー:新井敏弘

2016年 SUBARU WRX STI NBRチャレンジ/ドライバー:辰己英治・山内英輝

2016年 SUBARU WRX STI NBRチャレンジ/ドライバー:辰己英治・山内英輝