写真協力/スタジオアウパ

「みんな笑顔で走るのが楽しいね」

そう語るのは、アトランタ五輪/銅、シドニー五輪/銀メダリストのエリック・ワイナイナ氏だ。

気温1度、極寒の3連休最終日に東京・立川の国立昭和記念公園に集ったのは、総勢56組のランナーチーム。それぞれのウエアーに身を包んだ彼らは、『三井のオフィス』に勤めるワーカー達。ワーカー参加のイベント、その名も「『三井のオフィス』スポーツフェス リレーマラソン2019」

___

【画像】フォトアルバム1『三井のオフィス』スポーツフェス リレーマラソン2019(←クリックすると画像ページへジャンプします)

【画像】フォトアルバム2『三井のオフィス』スポーツフェス リレーマラソン2019(←クリックすると画像ページへジャンプします)

【画像】フォトアルバム3『三井のオフィス』スポーツフェス リレーマラソン2019(←クリックすると画像ページへジャンプします)

___

この大会にゲストランナーとして参加したエリック・ワイナイナ氏。エリック氏は、ワーカー達と実際のコースを並走したり、ランナーとして大会を盛り上げた。スポーツブルインタビューに応じたエリック氏は、大会を振り返り笑顔をみせた。

「参加者全員が笑顔で走りきった姿も魅力的。僕も嬉しいし、楽しい」

エリック氏もリレーマラソン参加者と笑顔で並走

コースのすぐそばでは、特設ステージが設けられ、DJケチャップこと(藤本芳則)氏の選曲やランナーへのアドバイスも交えたMCが会場を盛り上げた。マラソン・駅伝の大会が多いウィンターシーズンに、スポーツを通して交流することを目的に初開催された『三井のオフィス』スポーツフェス リレーマラソン2019。

この大会は、1周約3kmの周回コースを男女混合チームで襷リレーをしながら、3時間で走れた走行距離(=何周走れたか)を競うもの。

フルマラソン経験者といった本格的なランナーから、走るのが得意なスポーツ好きランナー、さらには、最近体を動かしていないワーカーまで沢山のワーカーが参戦し、100人近い応援団も加わって大盛況。

 

午前10時30分のスタート時間に合わせ、当日朝4時起床でコンディションを整えたランナーや、午前2時45分起床で大会の運営と安全管理に携わったという熱血漢の姿もあった。

リレーマラソン参加者の皆さんと記念撮影タイムも

ランニングブームを受け、このようなイベントは全国各地で開催されているが、三井のオフィスに勤める参加者の1人、桜井さんも大会の魅力を語ってくれた。

「三井のオフィスのスポーツイベントは、有名人が登場したり、特別ルールも設けられ、初心者でも楽しく参加できる。僕も発起人となって、職場の仲間に声を掛けました!」

桜井さんの所属した「東レ駅伝部Aチーム」は、一般の部で見事トップ3入り。東レ駅伝部のメンバーも口を揃えて「次回も参加したい」と笑顔をみせた。

 

取材・文/スポーツブル編集部

写真協力/スタジオアウパ 

東レチームの皆さんも笑顔で完走!

『三井のオフィス』スポーツフェス リレーマラソン2019 結果発表

___

<一般の部>

1位:Thanks!(ベル・データ株式会社/新宿三井ビルディング)

2位:MFG★ランニングクラブ(三井不動産ファシリティーズ株式会社/新宿三井ビルディング)

3位:東レ駅伝部A(東レ株式会社/日本橋三井タワー)

___

<女性活躍の部>

1位:東レ駅伝部C(東レ株式会社/日本橋三井タワー)

2位:Quest(トムソン・ロイター・ジャパン株式会社/赤坂Bizタワー)

3位:電通パブリックリレーションズ(株式会社電通パブリックリレーションズ/汐留シティセンター)

___