F1世界選手権参戦チーム(コンストラクター)のトロロッソが、ホンダ製パワーユニット(PU)搭載2年目となる今季2019年シーズンを戦うマシン「STR14」を公開した。

イタリア本拠のF1チーム、スクーデリア・トロロッソ(通称「トロロッソ」、今季エントラント名は「Red Bull Toro Rosso Honda」)は昨季からホンダ製PUを搭載して戦っている。そのトロロッソが、一週間後の2月18日に開始される予定の今季第1回合同テスト(スペイン・バルセロナ)を前に、今季型マシン「STR14」をアンベールした。

今季は“兄弟チーム”といえる存在のレッドブル・レーシング(通称「レッドブル」、今季エントラント名は「Aston Martin Red Bull Racing」)が新たにホンダ勢に加わったこともあり、トロロッソの新車STR14はマシンのリヤエンドを“兄貴分”レッドブルの新車とシェアするなどしているという。

このトロロッソSTR14・ホンダを駆るレースドライバーは、F1実戦復帰になるダニール・クビアトと新人のアレクサンダー・アルボンである。カーナンバーはクビアトが#26、アルボンは#23。

ロシア出身のクビアトは4月で25歳とまだ若いが、かつてトロロッソとレッドブルでF1を70戦以上戦った実績があり、最高位はレッドブル時代の2位。昨年はフェラーリで開発ドライバーを務めていたが、今季は古巣から実戦に復帰する。タイ国籍の英国生まれとされるアルボンは、3月で23歳。昨年はFIA-F2でシリーズ3位となり、このチャンスをつかんだ新鋭だ。

昨季、タッグ結成初年度のトロロッソ・ホンダはバーレーンGPでピエール・ガスリー(今季はレッドブルに移籍)が4位になり、ホンダにとって2015年にF1復帰して以降の最高位を記録するなど健闘したレースや場面もあった。だが、チーム年間成績としては10チーム中の9番目という位置づけだったことも現実。2年目の飛躍に向けて、まずはトロロッソSTR14・ホンダが合同テストでどんなパフォーマンスを見せてくれるのかに注目が集まる。

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

トロロッソSTR14《写真提供 Toro Rosso》

D.クビアト《写真提供 Toro Rosso》

D.クビアト《写真提供 Toro Rosso》

クビアトの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》

クビアトの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》

クビアトの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》

クビアトの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》

A.アルボン《写真提供 Toro Rosso》

A.アルボン《写真提供 Toro Rosso》

アルボンの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》

アルボンの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》

アルボンの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》

アルボンの今季ヘルメット《写真提供 Toro Rosso》