2015年から開催されているAll早稲田フットボールキャンプも今年で5回目。同じ早稲田の名を背負いフットボールに邁進する早大学院、早実の選手たちを対象に、甲子園を経験したBIG BEARSの選手たちが技術指導を行った。このイベントではフットボール界への貢献だけでなく、高校時代から早稲田流のフットボールを指導することで、大学入学後即戦力として活躍できる選手を育成していく意図がある。

 まずは高校生と大学生合同でのアップから始まった。最初は緊張した面持ちだった高校生たちであったが、活気よくアップを行う大学生たちに引っ張られるように徐々に声が出始めるように。大学生の指導を交えつつ、ヒットやタックルの形など基礎的な内容が行われ、フットボールの基本を再確認した。今回は指導する側となった大学生たちにとっても、人に教えるという行為を通じてフットボール原点を振り返るきっかけとなった。


ヒットの形など基礎的な練習に時間をかけて指導

 続いては各ポジションに分かれてのパート練習。高校生と比べると短い時間の中で密度の濃い練習を行う大学生たちの指導に、高校生たちも真剣な表情で耳を傾ける。その後はこれまで行ってきた練習のまとめとしてマンツーマン形式での練習を行い、実戦に近い形で技術の定着を図った。


QBの練習メニューを指導する柴崎

 開会の言葉で高岡勝監督(平4人卒=静岡聖光学院)が「早稲田のフットボールをみんなで強くしていきたい」と高校生たちに向け呼びかけていたように、今年も高校生たちも含めた『チーム早稲田』としてフットボール界を盛り上げていく。未だかつて見たことのない日本一の景色を見るために。BIG BEARSの新体制が始動した。

(記事 写真 涌井統矢)