柔道女子57キロ級、12年のロンドン五輪で金メダル、16年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した松本薫(31)が7日、都内で引退会見を行った。

引退を決意した理由については「優先順位の1番が柔道より子供になってしまった。体力もなく、結果を残せず、五輪は難しいなと思った」と、話した。

松本は銅メダルを獲得したリオ五輪後に結婚し、17年6月に第1子となる長女を出産。「ママでも金メダル!」と公言し、産後1カ月で練習を再開。20年東京五輪を目指して競技に復帰するも、昨年11月の講道館杯全日本体重別選手権で1回戦負けとなり、代表入りが絶望的となっていた。

また、今後についての質問には驚きの回答が飛び出した。「アイスクリーム作ります!」

早速、所属のベネシードと共同で2月12日に高田馬場駅周辺に店舗をオープンする予定なのだという。

その理由については「みんな忘れているかと思いますが、ロンドンの後は最初、パフェ食べたいと言っていたんですよ。その後、1日4食パフェ食べたんですけど、体にきて、もっと、体に良いアイスがあったらと。アスリート目線で、減量の時アイスたべて、毎日食べられるアイスを。引退を機にアイスクリームを作ることになりました」と説明した。

「柔道で笑顔を届けられたら、柔道とはまったく関係ないアイスクリームで勝負して、笑顔を届けられるよう、世界中の人にも笑顔になってもらえるよう、柔道を通しても笑顔になってもらえるようにやっていきたい」と意気込んだ。