写真:石川佳純(木下アビエル神奈川)/提供:Tリーグ

2月2日、ノジマTリーグで木下アビエル神奈川が日本生命レッドエルフを3-2で破り、プレイオフファイナル進出を決定させた。

1番手には張本美和がTリーグ初登場。森薗とペアを組み1ゲーム目を奪うも、鉄壁の蒋慧・常晨晨ペアに敗戦し、デビュー戦白星とはならなかった。2番手は石川が平野を寄せ付けず、エース対決に3-0で勝利。平野の連勝記録は5で止まった。

3番手は木原vs森となり、全日本選手権準決勝の再戦が実現した。全日本では森が2-4で敗れているが、今回は3-1で勝利し、リベンジを果たした。4番手ではKA神奈川の袁が常との海外選手対決を制し、試合はVM(ヴィクトリーマッチ:1ゲームマッチで行われるTリーグの延長戦)までもつれ込む形に。VMではKA神奈川のエース・石川が再登場。絶好調の森を下し、チームに大きな一勝をもたらした。

スコア詳細:木下アビエル神奈川 3-2 日本生命レッドエルフ

森薗 美月/張本 美和 1-2 ○常 晨晨/蒋 慧
11-7/7-11/6-11

○石川 佳純 3-0 平野 美宇
11-5/11-9/11-3

木原 美悠 1-3 ○森 さくら
7-11/11-7/11-13/6-11

○袁 雪嬌 3-0 常 晨晨
11-8/11-9/11-9

○石川 佳純 1-0 森 さくら
11-5

文:ラリーズ編集部