<写真・集合写真に写る新4年生>

 2月2日、学生会館新館会議室9にて、サッカー部のスタートミーティングが行われた。男女全部員が集まり、新幹部とスタッフが今年の部の方針と目標を発表。また、この春に入学する新入生部員も各自の意気込みを語った。

ミーティング後のコメント

竹本将太男子主将(経3)「1年生の夏からきょうまで、新体制始動に向けて長い時間を費やしてきた。関学サッカー部は技術だけではなく、人間的成長も求める。それはなぜなのか、根幹の部分を考え続ける1年にしたい。目標である『日本一』を取れるか、取れないか次第で今年の代の成果が決まる。目標達成に向け、役割もプレーも全力でやっていきたい」

渡邉菜々女子主将(人3)「女子チームはインカレ出場を見据えている。3シーズンぶりとなる1部リーグで不安はあるが、楽しみな気持ちも大きい。チームが日本一になるためにも、女子チームが結果を残して後押ししていきたい。個々の力を発揮して、全員でチームをつくり上げていく」