COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
・名前:有川将史(ありかわ・まさふみ)
・身長/体重:183cm/76kg
・所属:東京大学レスリング部
・出身高校:東大寺学園高校

この競技を始めたきっかけを教えてください。
幼い頃、親にクラシックバレエを習わされていましたが、それを嫌だと言ったら、代わりに近くのレスリング教室に連れていかれ、なんやかんやで始めてしまいました。最初はしんどくて、練習が嫌いでした。

この競技の好きなところを教えてください。
人それぞれのスタイルがあり、変幻自在で、100mダッシュをしながら将棋を指すような、頭と身体の両方の力を必要とするところです。なかなか難しく、奥が深いのですが、そこがまたいい。多くの人にやって欲しいです。

将来の夢を教えてください。
夢で、これだ!といったものにはまだ出会ってないのですが、大きな人生の目標としては、自分の言動で人が笑顔になるような影響力を持つことです。

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか?
サークルでやっているア・カペラですね。もともと誰かのモノマネをして歌ったりすることが好きで、周りの人を楽しませることが好きでした。

好きな言葉は何ですか?
「人がやってないことをやれ」
そのために、周りからは、変な人だなと思われてしまうこともしばしば…。社会で生きて行くためには人に合わせることが必要だと感じさせられる場面もありますが、人と同じことをしていてはダメだとも思うので、この考えを忘れたくないと思っています。

得意な科目は何ですか?
受験科目で言うと、物理、化学です。それ以外だと、美術と体育です。
単純に覚えることが嫌いで、理論を理解していれば、その応用として解けるようなところが好きでした。美術は、絵が上手といったことではなく、自分の中にあるものを何かで表現することが好きだったからです。体育は、ある程度出来ました。野球は苦手でしたが。

最近、ブルッたことは何ですか?
近頃、とても涙腺が緩く、ドラマや映画のちょっとした感動シーンですぐにウルっときてしまいます。最近一番異常を感じたのは、街で知らないお爺さんがゆっくり歩いているのを見て何故かブルッてしまった時です。

小学生の頃の夢は何でしたか?
低学年の頃の夢は、「かめはめ波を放つこと」だった気がします。
勝手に修行?しては、かめはめ波を放つ格好をしていたことを覚えています。高学年になると、レスリングの練習や勉強で忙しく、将来の夢といったものは特にありませんでした。一年の目標としては、「レスリングの全国大会で優勝すること」でした。強いて言うなら、お笑い芸人になることが夢でした。

あなたが尊敬する人は誰ですか? 
明石家さんまさんです。
頭の回転が速く、明るく、全体を見て面白いことを言い、周りの雰囲気を一気に変えることが出来るのが凄いと思います。自分もいつかあんな風に周りを明るく出来る人になりたいなぁーと思うばかりです。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
変化に柔軟に対応すること。
謙虚になって、良いものがあればすぐに取り入れ、人の言うことを一旦受け入れて消化すること。
自分が納得するまで物事に取り組むこと。

あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか?
大学スポーツは、学生スポーツの中で一番上位にあり、4年間という限られた時間でスポーツに打ち込むことが出来ることが魅力だと思います。