駒沢体育館にて東京インドアが開催され、会場には子供から大人まで多くのソフトテニスファンが詰めかけた。昨年好成績を残した男女6ペアが選出され、早大からは船水颯人(スポ4=宮城・東北)・上松俊貴(スポ2=岡山理大付)組と安藤優作(社4=岐阜・中京)・内田理久(社2=三重)組が出場した。船水・上松組が決勝へ進出し、準優勝を収めた。


際どいボールを拾う内田

 6ペアが2ブロックに分かれて予選を行い、勝ち上がった2組で決勝を行う形式の今大会、早大の各ペアはAブロックとBブロックに分かれ、うまく行けば決勝での同校対決もあり得るという形となった。船水・上松組は初戦で丸中・長江(NTT西日本)組と当たった。序盤、上松のミスが続き2ゲームを落としてしまう。しかしその後はしっかりと修正していき、結果的にゲームカウント4-2で相手を下した。続く増田(和歌山県庁)・九島(ミズノ)組との試合でも、速いテンポのなか着実にポイントを重ねて勝利し、難なく決勝進出となった。一方の安藤・内田組は、中本・鈴木(福井県庁)組との初戦、相手のミスが多いこともあり一時はマッチポイントを握ったものの、終盤に巻き返されてファイナルセットを8-6で辛くも勝利した。しかし、二試合目の林田・柴田(ヨネックス)組との対戦中に安藤が負傷。無念の途中棄権となり、Bブロックからは林田・柴田組が決勝進出となった。


決勝戦で敗北し悔しがる上松

 男子決勝戦は、熱戦を繰り広げた女子の決勝戦の後に行われた。試合序盤、船水はなかなかファーストサービスが決まらず、流れは相手へと渡っていった。船水が前に上がりダブル前衛で挑むなどしたが、終始ミスなく畳みかけてくる相手にペースを握られ続け、1ゲームを奪うにとどまり敗北を喫した。

 

 今大会は、船水・上松組としての連覇や、上松自身の三連覇もかかる試合であったが、結果は準優勝となった。それでも試合後「収穫もあった」と試合後に上松は振り返り、来月三日に行われる全日本インドアに向け気持ちを切り換えている。


準優勝した船水・上松ペア

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

(記事・河合智史 写真・山浦菜緒)

コメント

上松俊貴(スポ2=岡山理大付)

――三連覇がかかっていたが、結果として二位という結果にはどう感じていますか

 強いペアと当たって、自分で良いテニスが出来て勝てたのはすごい自信にもなりましたが、決勝で負けたのは反省点というか、切り替えとか入りのミスがあったので、そこは課題です。でもそのぶん収穫もあったので、三連覇ができなかったのはすごい悔しいですけど、これが大事な大会かといわれると、僕もそうではないと思うので、この大会を通して学ぶことは多かったので、次の全日本インドアで頑張って、今回の課題と得たことを来週やれれば結果もおのずとついてくると思うので頑張っていこうと思います。

――具体的に収穫と言うと

 ダブル前衛同士のテンポの速いテニスが多かったんですけど、それについていけたというのもそうですし、その中で点が取れたこと、どちらかというと僕らが攻めて相手を崩せたといとこもあったので、そこは今回は収穫にはなりました。

――来週の全日本へむけて

 今回負けて悔しい思いしたので、来週また勝てるように、怪我だけしないように調整して万全の状態で行ければ良いテニスもできると思うので、そこを意識してやっていこうと思います。