写真:平野美宇(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 1月30日(水) エディオンアリーナ大阪>
30日、ノジマTリーグの日本ペイントマレッツ(以下、日ペM)と日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)が、エディオンアリーナ大阪にて19時より対戦する。勝点32で2位の日本生命と、勝点12で3位の日ペMの対戦は、ともに本拠地を大阪に置く「大阪ダービー」として毎回熱戦が繰り広げられる。過去の対戦成績は日本生命の5勝1敗となっている。

日ペMvs日本生命 前回の対戦

日ペMと日本生命は前回、12月26日に北九州市(北九州メディアドーム)で対戦しており、その際はマッチカウント3-1で日本生命が勝利を収めている。常晨晨がダブルスとシングルスで2勝を挙げると、地元福岡出身の早田ひな(日本生命)が香港のエース・李皓晴(日ペM)を下す活躍を見せた。

前回のスコア 12/26 日本生命 3-1 日ペM
◯常晨晨/蒋慧 2-0 李皓晴/松平志穂
11-9/11-5

前田美優 2-3 ◯馮天薇
12-10/4-11/11-7/7-11/8-11

◯常晨晨 3-0 打浪優
11-5/11-5/11-3

◯早田ひな 3-0 李皓晴
11-6/11-2/11-7

1/30 日ペMvs日本生命 ベンチ入り選手の紹介

※1/29時点の発表。()内はTリーグランク
日本ペイントマレッツ
加藤 美優(AAA)
李 皓晴(AAA)
松平 志穂(A)
打浪 優(A)
相馬 夢乃(A)

日ペMは、主軸の加藤美優、松平志穂に加え香港の李皓晴(リ ホチン)という実力者をベンチに据える予定だ。さらに、高校生Tリーガーのカットマンとして注目されている相馬夢乃もベンチ入り。果たして日ペMの首脳陣は誰を起用するのか。

日本生命レッドエルフ
平野 美宇(S)
森 さくら(AAA)
早田 ひな(AAA)
前田 美優(AA)
常 晨晨(A)
蒋 慧(A)

対する日本生命は、12月3日以来の出場となるエースの平野美宇やここまで10勝0敗でTリーグ前期MVPを受賞した早田ひならベストメンバーで迎え撃つ。チームの流れを作り出し、勝敗を大きく左右するダブルスは常と蒋のペアの起用が濃厚か。

1/30 日ペMvs日本生命 見どころの詳細

3位の日ペMにとって、2位の日本生命には負けられない戦いとなる。日ペMはここまでシングルス5勝1敗と波に乗る加藤美優の起用で確実にマッチを制していきたいところだ。対する日本生命は、着実に勝ち点を重ねるために平野美宇や早田ひなで対抗か。森さくらも1月の全日本選手権で加藤美優を破ってベスト4入りと勢いに乗っている。ファイナルに向けてのアピールのためにも出場機会に恵まれれば、何としても勝ちたいところ。持ち味の威力のある両ハンド攻撃を活かした奮闘が期待される。

球界きっての実力をもつチームのぶつかり合いは、今回も白熱することが予想される。シーズン再開の瞬間をお見逃しなく。

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする前の記事へ次の記事へ