〇三河 76 ‐ 74 琉球●
(三河通算成績 18勝17敗)

琉球ゴールデンキングスをホームに迎えたシーホース三河は前日の惜敗のリベンジを果たした。

エース・金丸が24得点、20歳のルーキー・岡田が15得点と攻撃を牽引すると、ほぼフル出場のミークスが15得点19リバウンド4ブロックショットとゴール下を死守。さらに狩俣、加藤が守備から流れを呼び込むと、大黒柱の桜木が勝負どころで連続得点決めて、大接戦を制した。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

1Q 三河16–16 琉球

 

琉球の勢いに押されるも、狩俣、岡田が流れを引き寄せる

スターティング5は、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。

ディフェンスを修正して臨んだ三河だったが、琉球#44ジョーンズに連続で7点を奪われるなど、残り3分で7-16と主導権を奪われる。
#4狩俣、#30 岡田をコートに送ると、#4狩俣がハードなディフェンスで相手のターンオーバーを誘い、約3分間琉球の攻撃を停滞させる。さらに#30岡田がスティールから走って#3ミークスのゴール下を演出。#14金丸のゴール下の合わせや#4狩俣の3Pシュート、#30岡田のドライブで16-16と試合を振り出しに戻す。

2Q 三河39–32 琉球 (三河23–16 琉球)

エース・金丸 意地の 12得点

スタートは、#3ミークス、#4狩俣、#5バッツ、#14金丸、#30 岡田、#32桜木。

「昨日から3Pシュートを消しにきていたので、今日は2Pシュートの割合を多くした」と話す#14金丸が1on1で積極的にリングにアタック。さらに相手のファウルを誘ってフリースローを着実に沈め、開始からの3分で8得点を積み上げる。
琉球も#12エアーズ、#24田代の連続3Pシュートで応戦するが、#3ミークスがオフェンスリバウンド、#46生原がハッスルプレーでボーナススローを獲得するなど、選手全員がエナジー全開で三河39–32 琉球とリードを広げる。

3Q 三河56–55 琉球 (三河17–23 琉球)

1点を争う拮抗した展開に

スタートは、#3ミークス、#14金丸、#30 岡田、#32桜木、#46生原。

7点リードで迎えた後半は、琉球#24田代を起点に巻き返され、開始3分半#44ジョーンズの連続得点で41-43と逆転をされてしまう。その後はリードチェンジを繰り返す我慢の展開が続くが、#3ミークスの連続得点、#30岡田の3Pシュートでつなぎ、#14金丸のフリースローでわずかに1点リードして最終Qヘもつれ込んだ。

4Q 三河76–74 琉球 (三河20–19 琉球)

アリーナ一体で大接戦を勝ち切り、中地区3位に浮上

スタートは、#3ミークス、#4狩俣、#12西川、#14金丸、#32桜木。

#30 岡田の連続3Pシュートで7点差をつけるが、#3並里のアタック、#44ジョーンズのバスケットカウントで再びリードを奪われる。残り2分#32桜木の連続得点で72-72と追いつくと、#4狩俣がスティールから自ら速攻でフリースローを獲得して1点リードしアリーナのボルテージは最高潮に。アリーナの熱いブルーエナジーを受け、#3ミークスが琉球のアタックをブロックショットで阻止するなど最後まで強度を保ち、76–74で琉球に雪辱を果たした。

■ シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント

 今日は、昨日やられたところを徹底してやられないようにということで、戦術を含めて選手たちがしっかり遂行してくれたと思います。
シュートがお互いに入らなかったのですが、やっぱりディフェンスをしっかりやって、向こうはディフェンスチームなので、しっかりオフェンスをミスで終わらないようにできました。
少し追い上げられましたけど接戦で勝ててよかったことと、若い選手を思い切ってつかってミスもありましたが、しっかり攻めて結果を出せてプラス材料がたくさんあった試合でした。
琉球さんも最後の最後までタフに戦ってくれて我々にとってもよかったと思います。

■ シーホース三河 #4狩俣昌也選手 ヒーローインタビュー

 

ー今日の勝利、おめでとうございます。
ありがとうございます。

ーどんなことを注意して試合に臨みましたか?
昨日、負けてしまったので、しっかりまたエナジー出して戦おうと思っていました。また、強い気持ちで琉球さんも来ると思ったので、自分も強い気持ちで戦おうと臨みました。

ーそんなエナジー溢れる#4狩俣選手のディフェンスから流れが変わりました。
昨日、ガードのところで好きなようにやられてしまったので、今日は絶対負けないという気持ちを持って戦いました。

ーキャプテンとしてはどんな声をかけたりしましたか?
こういう勝ちを重ねていくことがチーム力アップにつながると思うので、全員で戦うという気持ちで、ベンチでも声をかけていました。

ー昨シーズンまでチームメイトの琉球 #1橋本選手とのマッチアップについて
2年間、彼からたくさん学ぶことがあったので、成長した姿を見せられるように、今日は楽しんで対戦しました。

ーファン・ブースターの皆さまへのメッセージを
まだまだこれからチームは良くなっていくと思うので、ぜひまた会場に足を運んでいただいて一緒に戦っていください。応援、よろしくお願いします。

■ シーホース三河 #30岡田侑大選手 ヒーローインタビュー

ー今日の勝利、おめでとうございます。
ありがとうございます。

ーどんなことを注意して試合に臨みましたか?
自分はルーキーらしく積極的にリングにアタックすることを考えて試合に臨みました。

ー試合を振り返ってみていかがですか?
…そうですね。
結構ミスもしてしまったんですが、チームメイトの先輩たちが大事なところで助けてくださって、ホッとしています。

ー大事なところでボールを託されたときは緊張とかはなかったですか?
いや、ゲーム中は特に緊張とかはしないんですが…こういうところになると緊張しますね。

ー大学からB1リーグにきましたが、この雰囲気などには慣れましたか?
いや、まだまだ全然慣れなくて緊張することもあるんですけど、楽しくプレーさせてもらっています。

ー初めてのヒーローインタビューの気持ちはいかがですか?
(#11熊谷)航さんに先を越されたので、早くここに立ちたかったので…良かったです。

ーファン・ブースターの皆さまへのメッセージを
まだまだ試合は続くので応援よろしくお願いします!

■ 琉球ゴールデンキングス 佐々 宜央ヘッドコーチ 試合後コメント

 2日間、非常に厳しい戦いでサイズも向こうが上回っている中で、第1Q、イニシアチブを取れたのにちょっとローテーションの組み合わせを僕の采配のところでうまくいかなくて、時間が止まったところで同点にされて流れ的に三河さんに持っていかれて厳しい試合になったなと。
特にアウェーだとイニシアチブを取られると取り戻すの難しいので。先週からの反省があって、なるようにしかならないというか、やり続けること(ディフェンスをやらないといけないことオフェンスをチームとしてやらないといけないこと)をやり続けて、相手の崩れるのをやり続けようと。
選手たちが、ゲームプランを必死にやり続けてくれたことで、第4Q、逆転まで持っていけたということは、昨日も勝って「素晴らしい」と思いましたが、この試合でも讃えたいと思っています。
あとは、最後の采配のところでちょっと微妙になったりして「爪の甘さ」が出てちょっと残念だったなと。逆転のシュートは打てたものの。
次に向けて内容はいっぱいありましたがいい試合でしたし、こういう試合を勝ちきれるように今後やっていきたいと思います。