写真:伊藤美誠(スターツSC)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

20日、最終日を迎えた全日本卓球選手権は男女シングルスの準決勝と決勝が行われる。

女子シングルスは2年連続の3冠を目指す伊藤美誠(スターツSC)が大本命。今大会で既に森薗政崇(岡山リベッツ)との混合ダブルス、早田ひな(日本生命)との女子ダブルスで2年連続の2冠を達成しており、残るシングルス連覇まであと2勝と迫っている。今大会既に15試合を戦っているため、スタミナと集中力が心配されるが、18歳という若さとメンタルの強さも兼ね揃える伊藤に死角は無い。

女子シングルス準決勝 第一試合 伊藤美誠 vs 早田ひな




写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
その伊藤と準決勝で対戦するのはダブルスパートナーで互いを知り尽くしている盟友・早田ひなだ。早田は多彩なサーブからパワーある(フォアとバックの)両ハンドドライブを振り回すダイナミックなプレーが魅力の左腕。今大会で石川佳純(全農)を破って勝ち上がっており、勢いがある。ダブルス優勝後の取材で伊藤が「どちらも個々の力が上がっているので対戦が楽しみ。試合を楽しんだ方が勝つと思っている。相手がどうというよりは、自分がどれだけできるかという挑戦になる」と意気込みを語れば、早田も「今大会ベスト4まで来れたことに自分でびっくりしている。持ち味の両ハンドに繋げるために1年間台上からの練習に取り組み、その成果が出せている。(準決勝で当たる伊藤は)力を付けている選手で実力は相手の方が上。ボールが床に落ちるまで気を抜かないようにし、向かっていくだけ。最終目標は優勝です」と挑戦者として向かっていくことを表明した。

早田のパワードライブと伊藤のスマッシュの乱打戦が予想されるが、ラリーになる前のサーブ、レシーブ、台上処理などの先手を取る緻密なテクニックが勝負を分けるカギとなりそうだ。

女子シングルス準決勝 第二試合 木原美悠 vs 森さくら




写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部
準決勝のもう1枠は、木原美悠(JOCエリートアカデミー)と森さくら(日本生命)が対戦する。今大会で世界ランク9位の平野美宇(日本生命)と12位の佐藤瞳(ミキハウス)を倒して勝ち上がった14歳の木原は伊藤美誠と同様にバック面に表ソフトラバーを貼り、長身を活かして上から打ち下ろす両ハンドスマッシュが武器。サーブやツッツキで厳しいコースを突き、相手に先に打たせてからラリーに持ち込むなど戦術の幅も広い。

一方の森は5年前に全日本で準優勝している実力者でロングサーブからの豪快な両ハンドドライブと、男子の張本智和を超える咆哮を見せるエネルギッシュな選手だ。準々決勝では宿敵・加藤美優(日本ペイントホールディングス)との激戦を4-2で制し勝ち上がってきた。加藤戦ではバック対バックのラリーから先読みして素早くフォアで回り込み豪快なフォアハンドを叩き込む思い切りの良さが光った。

乱打戦を制して決勝に進むのは木原か森か、注目したい。

女子準決勝は10時から伊藤と早田が、11時から木原と森がそれぞれ対戦予定である。日本一を決める決勝は15時からとなっており、熱戦に期待が高まる。

全日本卓球2019 最終日(1月20日)試合予定




写真:森さくら(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部
10:00~女子シングルス準決勝 伊藤美誠(スターツSC)vs早田ひな(日本生命)
11:00~女子シングルス準決勝 木原美悠(JOCエリートアカデミー)vs森さくら(日本生命)
12:00~男子シングルス準決勝 張本智和(JOCエリートアカデミー)vs大島祐哉(木下グループ)
13:00~男子シングルス準決勝 水谷隼(木下グループ)vs木造勇人(愛知工業大)
15:00~女子シングルス決勝
16:00~男子シングルス決勝

文:ラリーズ編集部