*写真:早田ひな(日本生命・左)・伊藤美誠(スターツSC)ペア/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

女子ダブルス準決勝、伊藤美誠(スターツSC)/早田ひな(日本生命)ペアがミキハウスの佐藤瞳/橋本帆乃香ペアに3-0で勝利し、決勝進出を決めた。佐藤・橋本ペアは今大会、石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)を破って準決勝に進んでいた強豪ペアだ。

第1ゲーム、伊藤・早田はカットマンペアに対して、強打せず、低いつなぎのドライブでチャンスを伺う。攻撃も得意な佐藤・橋本ペアだが、伊藤・早田の低いドライブに対しては攻撃をしかけることが出来ず、カットで粘ることしかない。伊藤が随所に見せる鮮やかなストップが光り、このゲームは大差で伊藤・早田がものにした。

第2ゲーム、佐藤・橋本がリスクを覚悟のうえで攻撃を増やす。対する伊藤・早田はそれも予想していたのか、佐藤・橋本の攻撃を丁寧にブロックして対応力の高さを見せる。佐藤・橋本ペアにも徐々に焦りが見え始め、伊藤・早田ペアが落ち着いた様子でゲームを連取した。

第3ゲーム、佐藤・橋本の強烈なバックスピンのかかったカットに対して、伊藤のストップにややミスが出始め、ゲームは拮抗し始める。デュースまでもつれ込こんだ11-11の場面、伊藤が早田に何か耳打ち。その後のラリーでは佐藤・橋本のバックにボールを集め、最後は早田の見事なスマッシュで得点。会場が歓声に包まれた。最後はサーブでゲームを締めくくった伊藤・早田ペアが勝利を収めた。

決勝は芝田沙季(ミキハウス)・大藤沙月(ミキハウスJSC)ペアと対戦予定だ。“みまひな”ペア連覇なるか。

全日本卓球2019 女子ダブルス準決勝




佐藤瞳・橋本帆乃香(ミキハウス)ペア/撮影:ラリーズ編集部

伊藤美誠(スターツSC)/早田ひな(日本生命) 3-0 佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)
11-5/11-6/14-12

文:ラリーズ編集部