*写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

男子シングルス準々決勝で世界ランキング10位の水谷隼(木下グループ)が同9位の丹羽孝希(スヴェンソン)にゲームカウント4-0で勝利した。

第1ゲーム、水谷は丹羽のフォアハンドカウンターに捕まり、序盤リードを許す。しかし水谷は徐々に点差を詰めてデュースとすると、タイミングの取りにくい球足の遅いフリックでレシーブでミスを誘い、このゲームを逆転で取った。

第2ゲームは水谷がバックハンド対バックハンドの展開から積極的にストレートコースを狙って攻め、優位にゲームを進めた。水谷が10-6とゲームポイントを握りながら10-8と2本追いつかれたところで水谷サイドが早めにタイムアウトし、試合を立て直す。そしてタイムアウト明け、水谷がレシーブからフォアハンドで強打し、このゲームを奪取した。

第3ゲーム、リードした水谷は守りには入ることなく攻撃の手を緩めない。得意のフォアハンドを活かした展開で得点を重ねる。7-7と互いに譲らず、拮抗していたが、最後までフォアハンドで攻め抜いた水谷が4連続ポイントでベスト4進出に王手をかける。

第4ゲーム、受け身になる丹羽に対してほぼオールフォアで攻め立てる水谷。6-3と水谷リードでたまらず丹羽サイドがタイムアウトを取る。ここから徐々に丹羽に流れが傾く。水谷に軽く打たせるようなサーブを出し、丹羽がカウンタードライブ。10-7とリードするが、水谷も粘り強く猛追しデュースとなる。最後は勝負どころでミスのなかった水谷が5本連取で勝利を決めた。

敗れた丹羽は「1ゲーム目が勝負だった。9-5から自分の凡ミスが続いた。リードされ、思い切って来られたらなったら勝つのは難しい。1ゲーム目落とした時点で落ち込み、2、3ゲーム目は集中力が低下してしまった。向こうの集中力がすばらしい。完敗です。」と潔く負けを認めた。

勝利した水谷は準決勝で木造勇人(愛知工業大)と対決する。

全日本卓球2019 男子シングルス準々決勝




写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

水谷隼(木下グループ) 4-0 丹羽孝希(スヴェンソン)
13-11/11-8/11-7/12-10

文:ラリーズ編集部