*写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

18日、全日本卓球選手権大会6日目、女子シングルス準々決勝で早田ひな(日本生命)が芝田沙季(ミキハウス)を4-0で破り、自身初となるベスト4進出を決めた。

第1ゲーム、早田は芝田のチキータを警戒し、芝田のフォア前に巻き込みサーブを繰り出し、芝田のミスを誘う。この作戦があたり1ゲーム目は早田が大差で勝利した。

第2ゲーム、早田は随所で持ち味であるパワーのあるフォアハンドドライブで得点し、主導権を握る。終始リードを保った早田がゲームを連取した。

第3ゲーム、早田は巻き込みサーブのみならず、サイドスピンをかけない真下回転の短く、低いサーブを混ぜて芝田の狙いを散らす。前日の石川佳純戦でも効果的であった。7-7と競った場面でも早田は強化してきたバックハンドを振り切り、ラリーでも打ち負けず、完璧な内容で3ゲームを連取した。

第4ゲーム、早田が勝負を決めにかかる。短いサーブに加え、芝田のバックサイドへのロングサーブを併用し、さらに芝田を撹乱する。0-3から5-3まで5連続ポイントで追い上げるとここで芝田ベンチがタイムアウト。タイムアウト後のポイントはダイナミックなラリー戦となり芝田が競り勝つ。しかしここで流れを渡したくない早田はミスのないプレーで5-7から6連続ポイントで一気に勝負を決めた。

早田は次戦となる準決勝で、ダブルスパートナーである伊藤美誠と対戦する。

全日本卓球2019 女子シングルス準々決勝




写真:芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

早田ひな(日本生命) 4-0 芝田沙季(ミキハウス)
11-4/11-8/11-8/11-7

文:ラリーズ編集部