*写真:伊藤美誠(スターツSC)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

全日本卓球選手権大会6日目、女子シングルス準々決勝で伊藤美誠(スターツSC)が安藤みなみ(専修大)を4-1で下した。伊藤と安藤は2年前の全日本選手権の5回戦で対戦しており、その際は安藤がゲームカウント4-2で勝利している。

第1ゲーム、伊藤は安藤のハイトスの巻き込みサーブにやや苦戦し、レシーブから良い展開を作れない。一方でサーブ権を握れば、伊藤の優勢が続く。伊藤はバックハンドでのストレートへのコース取りを有効に使い、安藤を振り回す。10-8から安藤も粘り、デュースとなるも、最後はミスのなかった伊藤が大事な1ゲーム目を奪った。

第2ゲームも両者とも譲らぬ展開となり、またもデュースになる。11-11の場面で安藤が伊藤の回り込み(バックサイドのボールをフォアハンドで打つこと)スマッシュを完璧にブロックし得点、会場が沸いた。流れを掴んだ安藤がゲームを取り返した。

第3ゲーム、安藤のカウンタースマッシュを防ぎたい伊藤はサイドを切る厳しいコースにボールを集め、安藤に良い体勢でボールを打たせない。伊藤の積極的な姿勢が功を奏し、このゲームは大差をつけて伊藤が奪取した。

第4ゲーム、伊藤は引き続き安藤を左右に振り回す。伊藤は、随所で近年強化しているフィジカルを活かしたフォアハンドも垣間見え、ゲームを優位に進める。8-6から安藤の回り込み攻撃が決まったタイミングで伊藤サイドがタイムアウト。ここが勝負どころを見極めたようだ。タイムアウト後のポイントは伊藤が取り、流れを保ったままこのゲームを取った。

第5ゲーム、伊藤は攻撃のギアをさらに上げる。安藤の回転量の多い巻き込みサーブに対して、ストレートコースに厳しく狙い撃ったり、回り込んでスマッシュで返すなど、完璧な対応を見せた。後がなくなった安藤も伊藤リードの7-5でたまらずタイムアウト。しかしここで伊藤の流れは途切れることはなく、伊藤が4-1で勝利し、ベスト4進出が決まった。

伊藤は準決勝で早田ひな(日本生命)と芝田沙季(ミキハウス)の勝者と対戦する。

全日本卓球2019 女子シングルス準々決勝




写真:安藤みなみ(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

伊藤美誠(スターツSC) 4-1 安藤みなみ(専修大)
15-13/11-13/11-5/11-7/11-6

文:ラリーズ編集部