写真:浜本由惟(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

大会5日目の18日は全4種目(男女シングルス6回戦まで、男女ダブルス準々決勝まで)が行われ、それぞれの種目でランカー(シングルスはベスト16、ダブルスはベスト8)が決定した。

男子は張本、丹羽、水谷、世界ランキング上位3名は順当に勝ち上がったものの、昨年準優勝の平野美宇がシングルス5回戦、昨年3位の石川佳純がシングルス6回戦で敗れるなど、波乱が起こった5日目。6日目はどのようなドラマを見せてくれるのだろうか。