写真:早田ひな(日本生命・左)・伊藤美誠(スターツSC)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

全日本卓球選手権大会、女子ダブルス準々決勝に出場した伊藤美誠(スターツSC)・早田ひな(日本生命)の“みまひな”ペアは、成本綾海・井絢乃(中国電力)の実業団ペアと対戦し、ゲームカウント3-0で勝利。試合時間約21分の圧勝だった。

試合後、伊藤も早田も「互いに今日は試合をこなしてきたので、体がよく動いていた」と振り返った。準決勝に向けて、早田は「他のペアが自分たちのビデオをみて対策してくると思うが、自分たちは引き出しが多いので、自信をもって戦いたい」と話した。伊藤も「今日は互いの良さを出せたが、明日はもっと良さを出せる自信がある。明日が楽しみ」と、ともに自信をのぞかせた。

19日の準決勝、みまひなペアは佐藤瞳・橋本帆乃香(ミキハウス)のカットマンペアと対戦する。佐藤・橋本は5回戦で石川佳純(全農)・平野美宇(日本生命)を破っており、勢いに乗っている。準決勝は注目の対戦だ。

全日本卓球2019 女子ダブルス準々決勝

伊藤美誠(スターツSC)・早田ひな(日本生命)3-0 成本綾海・井絢乃(中国電力)
11-5/11-6/11-9

文:ラリーズ編集部