*写真:橋本帆乃香(ミキハウス・左)・佐藤瞳(ミキハウス)ペア/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

18日、女子ダブルス準々決勝に、佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)ペアが登場した。佐藤・橋本ペアは同日に石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアを破っており、勢いに乗っている。

対するは昨年のインカレで優勝している早稲田大学のエースダブルス、阿部愛莉と徳永美子のペアだ。阿部はバック面に変化ラバーである表ソフトを貼っており、速攻を得意としている。

試合は序盤、徳永の丁寧なカット打ちと阿部のパンチの効いたスマッシュが噛みあい、第1ゲームを選手される。しかし、ここから守っているだけでは勝てないと確信したか、佐藤/橋本ペアが豹変する。

佐藤・橋本ペアは台上で短く止められたストップへの強打や、ループドライブに対してカウンタードライブをするなど攻撃でリズムを取り戻す。それぞれ攻撃力も兼ね備えているカットマンであるため、ここから流れを掴み、3ゲームを連取し、ゲームカウント3-1で準決勝進出を決めた。

佐藤・橋本ペアは準決勝で優勝候補筆頭の伊藤美誠/早田ひなペアと対戦予定だ。決勝であたってもおかしくないカード。これは見逃せない。

全日本卓球2019 女子ダブルス準々決勝

徳永 美子/阿部 愛莉(早稲田大) 1-3 佐藤 瞳/橋本 帆乃香(ミキハウス)
11-6/3-11/9-11/6-11

文:ラリーズ編集部