写真:水谷隼・大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

19日の全日本卓球選手権大会、この日最後の試合の男子ダブルス準々決勝が行われた。前回王者の水谷隼・大島祐哉(木下グループ)は及川瑞基・三部航平(専修大)と対戦した。三部は森薗政崇(岡山リベッツ)と組んで全日本選手権2連覇の経験のある、ダブルス巧者だ。

試合は及川三部の学生ペアが、観客席のチームメイトからの声援をうけて、1ゲームを先取する。しかし、2ゲーム目以降は水谷・大島ペアのペースとなり、3-1で前回王者に軍配が上がった。

敗れた及川三部ペアは「相手ペアのサーブレシーブが厳しくて対応できなかった。」と振り返った。一方の水谷は「一試合ごとに(ペアの大島と)話す回数も増えて、互いの良さは出せている。前回王者として2連覇を目指したい」と意気込んだ。

準決勝に進出した水谷・大島ペアは19日、木造勇人(愛知工業大)・張本智和(JOCエリートアカデミー)と対戦する。優勝候補同士の準決勝、注目の一戦だ。

全日本卓球2019 男子ダブルス準々決勝

水谷隼・大島祐哉(木下グループ) 3-1 及川瑞基・三部航平(専修大)
12-14/11-7/11-4/11-7

文:ラリーズ編集部