*写真:水谷隼(木下グループ・左)・大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

18日、全日本卓球選手権5日目、男子ダブルス5回戦に前年度王者の水谷隼(木下グループ)/大島祐哉(木下グループ)ペアが登場した。

対するは愛知工業大名電高の田原 彰悟/曽根 翔ペアだ。愛工大名電ペアはレシーブから積極的にチキータ(横回転をかけて返球する攻撃的なレシーブ技術)を使い、ラリーもフォアとバックの両ハンドを使って攻める若々しいプレースタイルだ。

対する水谷/大島は水谷が巧みなストップやブロックなどで相手に上手く攻撃をさせず、チャンスを作り、大島がフルスイングのドライブで仕留めるという見事なコンビネーションを披露。第1ゲームこそ競ったものの、残るゲームは圧勝した。

次戦は及川 瑞基/三部 航平(専修大)ペアと対戦する。

全日本卓球2019 男子ダブルス5回戦

水谷 隼/大島 祐哉(木下グループ) 3-0 田原 彰悟/曽根 翔(愛知工業大名電高)
14-12/11-4/11-4

文:ラリーズ編集部