プロアマを問わず、ゴルファーには持ち球というものがあります。特にプロはこの持ち球を重視していて、基本的には「何も考えずにスイングしてもいつも出る球筋」でコースを攻略していきます。

続きを読む(外部サイトへ)