COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
・名前:三宅功朔(みやけ・こうさく)
・身長/体重:171cm/61㎏
・所属:東京大学陸上運動部
・出身高校:観音寺第一高校

この競技を始めたきっかけを教えてください。
父が陸上をしていたこともあり、自然な流れで小学校の頃から陸上を始めました。
棒高跳を始めたのは、この種目ならもう一段高いステージに手が届くかもしれない、と思ったからだったと思います。

この競技の好きなところを教えてください。
個人競技でありながら、団体的な要素があるところです。
一緒に練習している仲間のおかげで追い込める、様々な気づきがある、一人で練習していたら決して到達できないような目標にも手が届くといったことがあります。

将来の夢を教えてください。
研究者。
陸上競技で得られた物事を追求する楽しさが、研究職にはあるような気がします。

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか?
散歩が好きです。
歩きながら物事を考えると前向きな結論が出やすいと思います。

好きな言葉は何ですか?
「生きなければならないように生きる」

得意な科目は何ですか?
得意と言えるほどの科目はありませんが、有機化学は好きです。

最近、ブルッたことは何ですか?
ウサインボルトの100m世界記録の動画をスローで見たとき。
恥ずかしながら今までスローで見たことがなかったのですが、あまりの動作の美しさに1時間くらい見続けてしまいました。

小学生の頃の夢は何でしたか?
宇宙飛行士だったかな?
山崎直子さんの書かれた本で読書感想文を書いた思い出があります。

あなたが尊敬する人は誰ですか?
イチロー選手。
努力に底はないんだなと思わされます。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
勝てると思える心理を保つ(保てるような行動をする)こと。
メンタルは体を鍛えることと同じくらい結果に寄与すると思います。

あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか?
4年間の限られた自由な時間を競技に割いている点でしょうか。
他にあったやりたいことを諦めて陸上を選択しても、思うような結果が出ない人はたくさんいます。その時何を感じるかはとても示唆に富むと思います。競技の上では、ウェイトトレーニングが憚られない年齢に差し掛かるため動きが一段階力強くなりおもしろくなります。