写真:長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

16日、全日本卓球選手権、ジュニア女子(高校2年生以下)4〜5回戦が行われ、8名が準々決勝進出を決めた。

連覇を狙う長崎美柚は、混合ダブルスに続くベスト8入り。左腕から繰り出される回転量の多いサーブと豪快な両ハンドドライブは女子離れした威力がある。

第2シードの木原美悠も持ち味の前陣速攻プレーで順当に勝ち上がっている。次戦の準々決勝ではカットマンの相馬夢乃との対戦が決まっており、Tリーガー対決としても注目される。

ジュニア女子は17日に準々決勝から決勝まで行われ、王者が決まる。




木原美悠(JOCエリートアカデミー)




相馬夢乃(遊学館高)


全日本卓球2019ジュニア女子 5回戦

長崎 美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)3-0 藤田 奈子(横浜隼人高)
11-7/11-5/11-8

稲吉 美沙(希望が丘高)3-2 新井 和夏葉(丸子橋卓球スタジオ)
7-11/8-11/11-8/11-8/11-6

麻生 麗名(香ケ丘リベルテ高)0-3 木塚 陽菜(済美高)
1-11/6-11/8-11

出澤 杏佳(大成女子高)3-1 川北 帆香(正智深谷高)
9-11/11-3/11-4/11-7

岡田 琴菜(明徳義塾中・高)1-3 青木 優佳(横浜隼人高)
11-5/8-11/12-14/5-11

大藤 沙月(ミキハウスJSC)3-2 谷渡 亜美(富田高)
9-11/13-11/9-11/11-5/11-7

相馬 夢乃(遊学館高)3-2 浅井 一恵(桜丘高)
7-11/11-4/11-8/4-11/11-6

中森 帆南(ミキハウスJSC)0-3 木原 美悠(JOCエリートアカデミー)
6-11/7-11/3-11

文:ラリーズ編集部