写真:高見 真己(右)・船本 さくら(ともに愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

15日、全日本卓球選手権の大会2日目、混合ダブルス3回戦で、第3シードの吉村 真晴(名古屋ダイハツ)・石川 佳純(全農)ペアが愛知工業大学ペアに敗れる波乱があった。

この種目で優勝経験もあり、2017年の世界選手権でも金メダルを獲得している吉村・石川ペアだったが、序盤から高見・船本ペアの思い切ったプレーに押され、ゲームカウント0-2と追い込まれる。船本のミスの少ないプレーと、高見の一発で打ち抜くパワーボールが噛み合い、吉村・石川ペアも台から下がる場面が多くなる。特に高見がレシーブからチキータで打ち抜く場面と、小さくストップされたボールを台上バックハンドで打ち抜く展開が多かった。

3ゲーム目は吉村・石川ペアが意地を見せて取り返すも、最後は高見の“振れば決まる”高速バックハンドが火を噴き、愛工大ペアが3-1で勝利した。

試合後、吉村は「(高見は愛知工業大学の後輩なので)バックが強いのは知っていたが、今日の高見のバックは速く、彼のバックハンドがほとんどが得点になっていた。あんなに速いチキータは普段石川さんも受けないボール」と語れば石川も「(高見のバックハンドが)どっちにくるか分からなかった。フォアを攻めようとしたが、バックに集まってしまったのが敗因」と反省しきり。去り際にも「反応出来んかった〜」と悔しさをにじませた。

勝った高見・船本ペアは4回戦で上村慶哉(シチズン時計)・阿部愛莉(早稲田大)ペアと今晩対戦する。敗れた吉村と石川は、気持ちを切り替え、それぞれ残る2種目(男女シングルスと男女ダブルス)で頂点を目指す。

全日本卓球2019 混合ダブルス3回戦

吉村 真晴(名古屋ダイハツ)/石川 佳純(全農) 1-3 高見 真己/船本 さくら(ともに愛知工業大)
6-11/8-11/11-8/4-11




写真:吉村 真晴(名古屋ダイハツ)・石川 佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

文:ラリーズ編集部