東海大・駅伝戦記 第42回

 郡司陽大(ぐんじ・あきひろ/3年)が走り込んできた。

 東海大が46度目の挑戦にして悲願の箱根駅伝、初優勝を決めた。

 ゴール付近はもう祭り騒ぎだ。4区で活躍した館澤亨次(たてざわ・りょうじ/3年)や、5区で快走した西田壮志(たけし/2年)が涙を流して喜んでいる。苦しかったが全員で勝ち取った価値ある優勝だった。



郡司陽大がトップでテープを切り、悲願の箱根駅伝初優勝を果たした東海大

 往路区間、ポイントになったのは、2区、4区、5区だった。いずれもここ数年、結果が出ていない区間だった。昨年で言えば、2区は阪口竜平(りょうへい/当時2年)が競り合いに負け、4区の春日千速(当時4年)はピッチが上がらず、5区の松尾淳之介(当時2年)は区間12位と失速し、往路は9位に沈んだ。

「2区、5区もそうですが、4区はうちにとって鬼門でした」

 昨年の反省を踏まえ、今回の箱根前に両角速(もろずみ・はやし)監督はそう語っていたが、逆に言えば、その区間がハマればいい勝負ができるという読みがあった。

 だが、今回の2区候補だった阪口が夏に故障し、本格的に復帰したのが11月の上尾ハーフマラソン。距離が長く負担の大きな2区は難しい状態になった。

「全日本(大学駅伝)を終えてから監督に2区を頼むと言われました」

 監督の期待を背負って2区に指名されたのは、ロードの長い距離を得意とする湯澤舜(4年)だった。

「2区の長い距離をしっかり走れて、後半も粘れるタイプ」と両角監督はそう湯澤を評したが、本来スピードのある選手はほかにもいた。しかし、2区で湯澤を起用した英断が結果的に成功となり、大きく崩れなかったことで3区以降にうまくつなげることができた。

 3区の西川雄一朗(3年)は粘って、5位から4位に順位を上げ、4区の館澤につなげた。

 そして4区は、両角監督がもっとも重視していた区間だった。「3区まではおそらくそれほど差がつかない状態でくるだろう。差をつけられるとしたら4区。そして5区につなげる」というのが両角監督のプランだった。そのプラン通り、館澤は快走し、青学大を抜いて2位に上がった。

 さらに両角監督を驚かせたのは、5区・西田の走りだった。「神野大地に似ている」という軽快な走りで山を登り、5区初挑戦ながら区間2位の走りを見せた。襷(たすき)を受け取った時点で2分48秒あった差を、一気に1分14秒まで縮めた。

「西田の走りは想定外でした」

 両角監督は苦笑するが、2区、4区、5区が見事にハマり、往路優勝こそ果たせなかったが、首位・東洋大の背中が見えるタイム差で復路に挑むことができた。

 復路で両角監督が重視していたのが7区、そして9区だ。

 6区の中島怜利(れいり/3年)は下りのスペシャリストで、昨年は区間2位。ある程度の走りは想定できるので、そこで一気に勢いをつけるためにも7区の走りが非常に重要だった。

 その7区だが、青学大が昨年の箱根で区間賞を獲得した林奎介(4年)を置いてきたこともあり、スピードランナーの阪口が抜擢された。そしてこの狙いもピタリとハマった。

 阪口は区間2位の走りで東洋大との差を4秒に詰め、8区の小松陽平(3年)につないだ。そして小松が区間新記録の力走で一気に首位に立つと、9区の湊谷春紀(4年)、10区の郡司も危なげない走りでトップを守りきり、ついに悲願の総合優勝を果たした。

 両角監督の狙いが面白いように当たり、選手たちものびのびと走ったことが最大の要因だが、この優勝は「このままではずっと勝てない」という危機感から生まれた選手たちの自発的な走りへの取り組みが大きい。

 全日本大学駅伝後、「どうしたら箱根で勝てるのか」ということを選手間で話し合った。両角監督からはレース参加(関東学連記録会や八王子ロングディスタンスなど)を取りやめ、選手たちは合宿で”箱根仕様”の体をつくることになった。そのなかで、コンディションの調整は選手個々に委ねられた。

 責任を選手に持たせることで「走れない」という言い訳は通用しなくなった。初めて自分自身に向き合った選手たちは意識が変わり、各自でジョグの距離を伸ばしたり、独自の練習法に取り組んだ。

 選手と監督、コーチの間に以前のような話し合いがしにくい雰囲気はなくなり、風通しのいい組織が完成した。チームとして大きな目標を成し得る時は「一体感が必要」と言われるが、東海大は自主性の尊重と組織改革によって「みんなでやろう」という空気が醸成されていったのである。

「うまく行きすぎた感はありますが、優勝するというのはこういうものなのかなと思います。どこもミスがなく、区間順位も2ケタはなかった。特別な走りをした選手はいませんでしたが、全員が自分の走りをして勝ち取った優勝だと思います」

 大手町では17キロ痩せた両角監督の体が、5度宙に舞った。

「この瞬間を待っていました!」

 館澤が涙で顔をクシャクシャにしながら笑みを見せた。

 今回、箱根を走った10人中8人が3年生以下。このほかにも關颯人(せき・はやと)、松尾淳之介(ともに3年)という実力者もいる。青学大の1強時代に終止符を打ち、東海大の新しい時代がスタートした。

(つづく)