‘100 年に一人の逸材’と言われるプロレスラー・棚橋弘至選手が7月13日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん主演の連続ドラマ「石川五右衛門」(テレビ東京)に出演することが発表された。ドラマは今年10月からスタート。棚橋選手は初の時代劇に挑戦した。

棚橋選手はブログを更新。「オレ剣豪」とエントリーすると、「剣豪・榊基次(さかきもとつぐ)役で出演します」と報告。撮影時の衣装での写真、海老蔵さんとのツーショット写真を投稿している。

海老蔵さんも「棚橋選手!」と題したブログを更新し、「ずっと一緒にいたので互いにSNSやっているのでウズウズしてたんですよね笑」と撮影中、棚橋選手と一緒にいた時間が長かったという海老蔵さん。棚橋選手出演の情報解禁を待ちわびていた海老蔵さんは、ドラマ撮影の合間に撮ったツーショット写真数枚を掲載している。

情報が解禁になる以前に、海老蔵さんは「ついた!」と題したブログで、棚橋選手からタオルを貰った報告していた。「ずっと肩にかけてた笑」と写真を載せ、気に入っていることがうかがえる。

ファンからは、「今からものすごーく楽しみです!」「殺陣もカッコイイんだろうなぁ!」「衣装と刀がいいですね!」「海老蔵さんのドラマに出演されるとはスゴいです!」「海老蔵さん、タオルもちゃんと使ってくださってるんですね!」「情報解禁うれしいですが…TV東京見れない…」などのコメントが寄せられていた。

ドラマ「石川五右衛門」は、海老蔵さん演じる天下の大泥棒・石川五右衛門が、時の権力者・豊臣秀吉に逆らい、悪事を働く大名や大商人の屋敷に忍び込んでは金目の物を盗み、貧しい庶民たちに金品を分け与える。2009年に海老蔵主演の歌舞伎「石川五右衛門」に潤色を加えて映像化した。

棚橋選手は、豊臣秀吉の家臣・石田三成につき、容赦なく邪魔者を始末する冷徹な殺し屋・榊基次を演じる。石川五右衛門とはライバルで、華麗な戦いを繰り広げる。

プロレスラー・棚橋弘至、市川海老蔵主演「石川五右衛門」出演…「ずっと一緒にいた」

プロレスラー・棚橋弘至、市川海老蔵主演「石川五右衛門」出演…「ずっと一緒にいた」

棚橋弘至(c) 新日本プロレス

棚橋弘至(c) 新日本プロレス