リオデジャネイロ五輪日本代表選手団主将の女子レスリング・吉田沙保里が7月13日、新潟県十日町市で行われていた合宿が終了したことツイッターで報告している。本大会に出場する選手を含めた女子レスリング全日本チームは7月7日から同市内で合宿を行っていた。

「最後に感謝の気持ちを持ちながら9キロコース走り切りました」と18年間にわたって合宿のたびに訪れている十日町市。吉田はランニングする写真含め3枚を投稿している。

ファンからは、「超絶応援してます!」「ご自身の納得のいく結果がうまれますように!」「オリンピック楽しんで戦ってきて下さいね!」「最後の調整怪我をしないようにしてください!」「フレーフレー沙保里!」などエールを送るコメントが寄せられていた。

7月21日からチームは、東京都・味の素トレーニングセンターでの合宿がスタート。本大会へ出場する吉田らの国内最終調整の場となる。女子史上初の4連覇を狙う吉田は、女子53キロ級に出場。「オリンピック頑張ってきます」と意気込み示した。

女子レスリング・吉田沙保里、リオへ向けて着々と…新潟・十日町合宿が終了

女子レスリング・吉田沙保里、リオへ向けて着々と…新潟・十日町合宿が終了