ゴールドウインは、日本障害者スキー連盟とのオフィシャルサプライヤー契約に基づき、Goldwinブランドより、2018/19シーズン着用ウエアを提供した。

ウエアは、選手の意見を踏まえると同時に、アルペンスキーチーム身体の座位選手のボディを研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」にて3Dスキャンしたデータを基に設計。2017/18シーズンウエアから改良し、選手がパフォーマンスを発揮しやすくなっている。

着用するのは、連盟が管理・運営するアルペンスキーチーム(身体・知的障害)、ノルディックスキーチーム(身体・知的障害)、スノーボードチーム(身体)の各日本代表メンバーと役員・スタッフ。デザインは、「Arrows(複数の矢)」をテーマにしている。ウエアには、テーマのアイコンを配置。イメージカラーには、青色「ラピスラズリ」を採用した。

アルペンスキーチームには、3Dスキャンしたデータを基にパターンメイキングし、チェアスキーに適したなアウタージャケットを製作した。ボトムスにはラピスラズリ、ジャケットはライムグリーンにラピスラズリを掛け合わせたカラーを採用。運動性能の高いストレッチ素材、縫い目から水分の浸入を抑えるシームテープ加工、十分な保温性、収納性などの機能を搭載している。

ノルディックスキーチームは、シェルパンツカラーにアルペンチーム同様ラピスラズリを使用。シェルジャケットのカラーは、ライムグリーンにラピスラズリを掛け合わせている。また、発汗に対応するため、高い透湿性能を持った軽量なストレッチ素材を採用した。

スノーボードチームには、ライムグリーンにファスナー部分のみラピスラズリが差し色になっているシンプルなアウタージャケットを提供。シルエットは、スノーボード競技に対応した少しゆとりのあるものになっている。また、ミドルジャケットは、袖・肩部分にストレッチフリース、身頃の前後部分に保温性の高い中綿入りのハイブリッド仕様を採用した。

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供

ゴールドウイン、障害者スキー日本代表チームへ2018/19シーズン新ウエアを提供