*写真:平野友樹(T.T彩たま)/提供:T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 12月23日(日)ウイング・ハット春日部>

12月23日、ウイング・ハット春日部でT.T彩たまと木下マイスター東京の試合が行われ、地元の声援を味方に付けたT.T彩たまが3-1で快勝した。この日の観客数は1,833人。

12/23 T.T彩たま vs KM東京 各マッチの解説

1番:高木和卓/黄鎮廷 2-1 水谷隼/田添健汰

第1マッチのダブルス、T.T彩たまからは高木和卓&黄鎮廷ペアが、木下マイスター東京からは水谷隼&田添健汰ペアがそれぞれ出場した。高木和と黄は昨日の岡山リベッツ戦でも組み、白星を挙げているペア。実際は昨日が初のペア結成なのだが、「長年の相棒か?」と思わせるほど息の合ったコンビネーションを繰り出していく。強さに定評のある水谷&田添ペアが1ゲーム目を先取したものの、2ゲーム目からは特に高木和の落ち着いたプレーが冴え渡り、勝利を掴んだ。T.T彩たまはダブルスが強い!

2番:アポロニア 3-1 大島祐哉




写真:ティアゴ・アポロニア(T.T彩たま)/提供:T.LEAGUE

第2マッチは、T.T彩たまからアポロニアが、木下マイスター東京からは大島祐哉が登場。この試合も好勝負だった。熱のこもった応酬は客席を沸かせ、特に1ゲーム目の中盤に展開されたトリッキーなラリーの応酬はお客さんを喜ばせた。地が割れんばかりのスマッシュを大島が放ち、それを冷静に返していくアポロニア。手足の長い欧州の選手だからこそできる対応だろう。結果、闘志を内に秘めつつスマートなプレーを見せたアポロニアがTリーグ初勝利を挙げた。そして、この一戦を契機に“流れ”がT.T彩たまへと傾いた気がする。

火の出るようなアポロニアと大島のラリー!

3番:黄鎮廷 2-3 張本智和

第3マッチは、T.T彩たまから黄鎮廷が、木下マイスター東京からは張本智和が登場。この試合も熱戦だった。黄が奮闘し、試合内容は一進一退。さすが、黄は世界ランキング8位に位置する香港のエースだ。どちらが勝ってもおかしくない展開だったが、そんな難敵を相手に結果を残せたという点で、張本にとって大きな意味を持つ勝利。決して動きの良くなかったこの日の張本。好調の黄に2ゲームを先取されるという苦戦を強いられたからか、おなじみ「チョレイ!」の雄叫びもいつもと一味違う力強さがあった。

4番:平野友樹 3-0 水谷隼

第4マッチは、T.T彩たまから平野友樹が、木下マイスター東京からは水谷隼が登場し、3-0で平野が勝利! リオ五輪のシングルス銅メダリストであり、かつては世界ランキングのトップ10に入っていた(現在は13位)水谷に137位の平野が勝利するという番狂わせである。平野には悪いが「奇跡が起きた」という表現で賞賛を送りたい。事実、この日の平野は動きがキレキレ。水谷のチキータにもうまく対応していた。ノッているのだろう。平野にとって意味の大きい、自信になる一戦だった。

とにかく毎試合、勝利を挙げるたびに監督・選手全員で喜びを表現するT.T彩たまの雰囲気がいい。大本命と目された木下マイスター東京に、各チームよく食らいついている。

12/23 T.T彩たま 3-1 木下マイスター東京

◯高木和卓/黄鎮廷 2-1 水谷隼/田添健汰
9-11/11-7/11-8

◯アポロニア 3-1 大島祐哉
12-10/11-9/7-11/11-7

黄鎮廷 2-3 ◯張本智和
13-11/8-11/11-9/9-11/7-11

◯平野友樹 3-0 水谷隼
11-7/15-13/11-9

文:寺西ジャジューカ