演技が終わった瞬間に強く振り下ろした右こぶし。宇野昌磨は「強い気持ちでやり切れた。『やってやったぞ!』という思いがあった」と説明する。12月22日の全日本選手権男子ショートプログラム(SP)で宇野が見せたのは、全面に出た強い気持ちだった。



強い気持ちが前面に出た演技を見せた宇野昌磨

 直前の6分間練習で異変が起きた。第4グループ1番滑走だった宇野は、最初にダブルアクセルを跳んだ後、2回のアクセルは足を開いたまま両足で着氷。その後にトリプルアクセルを跳んだが膝が付きそうになる着氷だった。その後はジャンプを跳ばず、完璧なジャンプは一本もないまま練習を終えた。

 演技後「ケガをしたようだが?」という質問に「気づいている人もいるかもしれないですが、詳しいことはフリーが終わるまで僕の口からコメントはしたくありません。それを言い訳にしたくないので、フリーが終わってから6分間練習の思いだったり、いろんなことを話したいと思います」と答えた。

 そんな宇野の演技は、かつての彼にはないほど、気迫が溢れ出した滑りだった。今季不安定だった最初の4回転フリップは、GOE(出来ばえ点)加点3.61点がつく。気持ちの強さが見ている側に突き刺さってくるジャンプだった。続く4回転トーループ+2回転トーループは、「できれば4回転+3回転をやりたかったですが、失敗する確率が高かったので、初めから4回転+2回転にするつもりでした。強い自分がいた中にも、冷静な自分がいたのかなと思います」と振り返るように、きっちりと2.58点の加点をもらった。

 フライングキャメルスピンの後のトリプルアクセルもきれいに決めて2.63点の加点をもらい、シットスピンがレベル3になる取りこぼしはあったものの、終わってみればロンバルディア杯で出した、今季自己最高の104.15点に迫る102.06点を獲得。2位につけた髙橋大輔に14点近い差をつける1位発進となった。

「6分間練習ではジャンプを1本も跳ばずに本番に挑むことになったんですが、一番目という滑走順に助けられたのかなと思います。普通だったら気持ちを切り替えたいという人が多いかもしれませんが、逆にそのままリンクに残って、名前をコールされてから自分のスイッチが入ったというか。

 不思議に、不安だとかできないというイメージが湧かなくて。できるような気がするというのではなかったけど、『やってやるぞ!』という気持ちが強かったですね」

「自分がどんどん追い込まれていくのをすごく感じたが、不安な気持ちが生まれることはなかった」とも言い、「それが逆に強い自分を出すきっかけになったのではないか」と振り返った。

「これまでの試合では、(ジャンプの)回り過ぎとかいろいろ考えたところがあったかもしれないけれど、今回はもうそんなことを考えるような余裕もなかったし、だからこそ自分の演技だけに集中したのかなと思います。だから今回は自分を信じるというよりは、弱い自分ではなく強い自分だけがいたなと思います。

 ただただ、自分に打ち勝てたなと……。プログラムとしては全体的にスピード感もなかったし、危ないところも多くてよくないと見受けられたかもしれないけど、気持ち的にはすごくいい演技だったと思うし、本当に今の最善を出せたのかなと思います」

 ケガの状況は本人も口にせず不明だが、フリー前日の練習も不参加と、軽傷とは言えない可能性もある。そんな中で宇野が初めて見せた、強い気持ちと気迫。それは彼が今季になって、「責任感も感じるようになった」と、欲を持つようになったからこそ出せたものだろう。

 これまで見せていなかった”強さ”と”逞しさ”を感じさせた宇野は、突然襲い掛かってきた逆境を自らの精神面の成長の糧としたようだ。24日のフリーの演技でそれが証明されるはずだ。

「集中して最後までやり切る。少しでも弱い自分を見せたらきっと大崩れしてしまうと思うので、強い気持ちで頑張りたい。気合いで頑張るだけです」と宇野は顔を上げて、そう言い切った。