「ここまで来たらやるしかない」――1989年の伊藤みどり以来となる、全日本選手権5連覇のかかる宮原知子が最終滑走を滑ったショートプログラム(SP)。宮原は極度の緊張感に襲われながら、集中力を発揮して気迫の演技を披露した。技術点は2位の40.54点、演技構成点はトップの36.22点を出し、合計76.76点の高得点をマークして首位発進した。



全日本選手権ショートプログラムで首位に立った宮原知子

「今日のショートは、最初から最後までずっと緊張していた感じでした。足が震えるのを頑張って堪えている感じがあり、最後のスピンが終わるまで緊張している感じがして、あっという間に気がついたら演技が終わっていました」

 今季一番の気迫がこもった演技だったと言ってもいいかもしれない。音楽が始まった瞬間から、顔つきも手つきもぴりっと締まり、指先から足先まで、すべてに細やかな神経が行き届いて、見る者を「知子ワールド」に引き込む空気感を醸し出していた。プログラム終盤に向けて音楽が盛り上がるとともに、演技のボルテージは最高潮に達し、レイバックスピンからの高速ビールマンスピンでのフィニッシュは、ほとばしる熱い思いが伝わってきた。

「やっと全日本にきていいショートができました。点数はすごくよかったなと思います。全日本ではショートの最終滑走が多くて、また(抽選で)引いちゃったという感じがあったなかで、逆にここで自分の演技をして自分に挑戦したいという気持ちで滑りました。練習では失敗がありましたけど、本番でやれることをやれたので、今日はよかったです。もうちょっとジャンプが跳べたらなと、少し思うところはありましたが、今できることは何とかできたんじゃないかなと思います」

 平昌五輪シーズンだった昨季は、股関節痛のケガからギリギリの調整を試みて復帰。五輪出場という夢を実現させた。そして、あと一歩でメダル獲得となる総合4位という結果を残した。できることはやり切れたという思いと、手が届きそうだったメダルを逃した悔しさが混在した気持ちになった。

 まだスケート人生は終わりじゃない。自分に何が足りないのか、何を身につければさらなるレベルアップができるのか――自分を見つめ直した宮原が出した答えが、シニアに転向してから突きつけられたジャンプの回転不足を、根本から修正するという大きなチャレンジだった。ハイリスクでかなり苦しむことが予想されるジャンプ修正に手をつけるべきかどうか、相当迷ったようだが、この壁を乗り越えない限り、自分の成長はないという思いに至ったという。

「挑戦のシーズン」と位置付けた今季、宮原は回転不足が課題のジャンプ修正に一から取り組み始めた。陸上トレーニングで体幹を鍛え、体のバランスを整える一方で、ジャンプの跳び方も、羽生結弦のジャンプコーチであるジスラン・ブリアンコーチから教えを受けた。

 ジャンプの修正をしながら、試合に出続け、そして結果も残していかないといけないという試練も、ひとつひとつクリアしていった。GP大会ではスケートアメリカで優勝、NHK杯では2位。4年連続4度目の出場となったGPファイナルでは、まだ不安定なジャンプの失敗が出てしまい、最下位の6位に終わった。

 NHK杯とGPファイナルでは、2大会続けて同門の妹分である紀平梨花の後塵を拝した。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳んで躍進する16歳の新星が輝きを放ってシニアデビューする様子を間近で見ながら、20歳になった日本のエースは静かに闘志を燃やしていた。

「だんだんいいジャンプが増えてきているので、今シーズン最初に比べると、ポイントポイントで絞れてきています。試合ごとにいろんな気持ちが湧いてくるので、今回はうまくいきましたが、まだまだ自分観察が必要かなと思っています。いつも公式練習の曲かけではあまり失敗したくないんですけど、昨日も今日もあまりよくなかったのですが、曲以外の練習はすごくよかったので『大丈夫』と、ひたすら不安を消すような気持ちでいました」

 NHK杯では、SPでの6.49点差をフリーでひっくり返されて紀平に優勝をさらわれている。それだけにまだ油断はできない。今回はそれよりもわずかに点差が開いて8.01点差となったが、トリプルアクセルという大技2本を持つ紀平の爆発力が計り知れないことは、宮原も重々承知している。

「まだフリーが終わるまでは試合があります。まだ盛り返せたとは思っていないです。ショートとはまったく違うプログラムのフリーでも、また違う自分の演技をしっかり見せて、応援してくれる方たちに自分の気持ちと最高の演技をお見せできるように頑張りたいです」

 自分ができる最高の演技をするしか頂点にたどり着く道はない。そのことを宮原は十分に知っている。