日本時間の12月30日、アメリカ・ネバダ州ラスベガス T-Mobileアリーナで『UFC232』が開催される。 今大会では、かつて最強の名をほしいままにした、ジョン・ジョーンズが1年5ヶ月ぶりに復帰。 宿敵アレクサンダー・グスタフソンとのUFC世界ライトヘビー級王座決定戦が行われることとなった。 この豪華タイトルマッチの見どころをWOWOW『UFC-究極格闘技-』解説者でもある“世界のTK”こと髙阪剛に語ってもらった。

——ジョン・ジョーンズが1年5ヶ月ぶりに復帰。いきなり王座決定戦を行うことになりました。
髙阪:これは本当に楽しみですよね。いろいろ問題はありましたけど、ジョーンズの強さってい うのは、誰もが認めるところですから。 ——2008年にデビューして以来、いまだ事実上の無敗(垂直方向のヒジ打ちで反則負け=失格が一度あり)。

UFCでライトヘビー級とヘビー級の2冠を制したダニエル・コーミエが唯一勝て ない相手でもありますが、今回はどんな展開が予想されますか?
髙阪:ジョーンズのいまの状態がどうなのか。肉体面だけでなく精神面も含めての状態が、大きなポイントでしょう。試合間隔が空いたことにより、気持ちの面でリフレッシュして、「もう一 度、UFCでしっかりとやっていくんだ」という、気持ちを新たにしてくれてると思うんですけど ね。実際、UFCのタイトルマッチを受けるということは、相当な覚悟がないとできないことなので。

——チューンナップファイトなしで、かつて大苦戦した、最強の相手との対戦ですもんね。
髙阪:これは両者にとって最強の相手との対戦になるので、そういうことも含めて、お互いいい状態で試合をしてくれることを期待しています。

——前回、2013年9月『UFC165』で対戦した際は、グスタフソンがジョン・ジョーンズをか なり追い詰めて、UFC年間最高試合に選ばれる大激闘となりましたが、あの試合を髙阪さんはど う見ましたか?
髙阪:あらためて前回の二人の試合を見返してみたんですけど、あの時は1ラウンドにグスタフ ソンがテイクダウンを奪っているんですよね。あれが大きなポイントになったんじゃないかと思うんです。あそこからジョーンズが明らかに焦り出して、自分のリズムを取れなくなってました から。

——デビュー以来、初めて奪われたテイクダウンですもんね。
髙阪:そうですよね。ジョーンズが右目の上をカットしたのも1ラウンドだったし。それも自分 のリズムが崩れたことが影響していると思うんですよ。

——それまで、チェール・ソネン、ラシャード・エヴァンスといった、元レスリングのトップ選手でも、ジョーンズからはテイクダウンを奪えなかったのに、グスタフソンができたのは、どういった理由が考えられますか?
髙阪:ひとつ言えるのは、グスタフソンのフットワークだと思いますね。彼はステップを使って左右に動いたり、相手の攻撃をバックステップでかわしながら、逆に自分のパンチを入れていくのがすごくうまいんですよ。

——グスタフソンは、アマチュアボクシングのスウェーデン王者でしたから、その辺のフットワークが功を奏したと。
髙阪:グスタフソンはフットワークをうまく使って、相手の虚を突くようなかたちで攻撃を差し込むのが得意なんですけど、ジョーンズに対しても、それがハマッたんですよね。そして今回もグスタフソンはそういうかたちの攻め方ができると思うんですよ。

——前回同様、ジョーンズを追い込むことは可能だと。
髙阪:でも前回、逆転の判定負けを喫してしまったというのは、2ラウンド以降、ジョーンズが 常にスタンドでプレッシャーをかけ続けたんですよ。そのプレッシャーの中で動き続けたから、 グスタフソンは後半失速してしまったんだと思うんですよね。

——ジョーンズの圧力でスタミナを消耗してしまったわけですか。
髙阪:なぜ削られてしまうかと言えば、ジョーンズは「何をしてくるかわからない」ということ が、絶対にあると思うんですよ。一つのカギとなったのがヒジ打ちなんですけど、ジョーンズは エルボーだけで、いろんな打ち方があるんですよね。タックルのフェイントからアッパーのようにヒジを入れたり、スピニングバックエルボーだったり、また組みにいって離れ側にヒジを入れたりとか。ああいうのをいちいち反応して、気をつけながら試合をすると、相手はどんどん疲れていくんです。

——なるほど。グスタフソンにしたら、あらゆる対応に追われて、息を整えられるような瞬間がほとんどなかったと。
髙阪:またジョーンズというのは、相手を撹乱する動きを続けながら、決め技もたくさん持ってるんですよ。スタンドのKOもあれば、グラウンドでの一本勝ちやパウンドアウトもあるし。スタンドのまま、彼にしかできないようなギロチンチョークで極めて勝つこともできる。あらゆる局面で試合を決めることができるので、これもまた、相手にとってはスタミナを奪われる要因になるんですよね。

——そうなると、グスタフソンが勝つにはどうしたらいいですか?
髙阪:今回も軸をずらしながら打撃を当てて、ジョーンズを追い込むことはできると思うんですよ。あとは、いかにその動きをいかにラウンドの後半までやり続けることができるか。グスタフソンの試合を見ていると、攻撃しているときはいいんですけど、ディフェンスとか、相手の攻撃を裁く動きが続くと失速してしまい、リカバリーがうまくできてないことが見受けられたんです ね。だから、攻守のバランスをどこまで整えられるかもポイントになりますね。

——これでグスタフソンが勝てば、初めてジョーンズの牙城を崩した男になりますし。ジョーンズが勝てば、また最強の男として復権しますよね。 髙阪:ジョーンズが以前と同じか、もしくは上回る状態で帰ってきたら、またパウンド・フォー・ パウンドが、ダニエル・コーミエ(現在、ヘビー級王者でパウンド・フォー・パウンドランキン グ1位)ではなくなるんじゃないですかね。ジョーンズという選手は、のちに総合格闘技のスタンダードになるような動きを、これまでいくつも提供してきたので評価も高い。「総合でこういう闘い方もできるのか」というものを、数多く見せてきましたから。

——総合格闘技の進化を早めてきた存在とも言えますよね。
髙阪:だから、今度のジョーンズvsグスタフソンは、ファンだけでなく、プロのファイターも注目していると思いますよ。まだ見ぬ、最新鋭の総合格闘技が観られるんじゃないかって、僕自身も期待しています!

(取材/文・堀江ガンツ)

WOWOW『UFC-究極格闘技-』放送スケジュール
★『生中継!UFC232 in ラスベガス オクタゴンに元王者ジョン・ジョーンズが帰ってくる!』12/30(日)午後0:00[WOWOWプライム]
【ゲスト:玉袋筋太郎】
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

■詳しくはWOWOW番組オフシャルサイト(https://www.wowow.co.jp/sports/ufc/)を チェック!

©️GettyImages