*写真:森薗政崇(岡山リベッツ)/©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 12月9日(日)岡山武道館>

12月9日、岡山武道館で岡山リベッツと琉球アスティーダの試合が行われた。試合はビクトリーマッチまでもつれる白熱した展開に。地元の声援を受け負けられない岡山が3−2で琉球アスティーダを下した。

第1マッチのダブルス、初戦を勝って勢いをつけたい岡山リベッツは上田仁・森薗政崇ペアを投入。卓球の名門・青森山田高校出身の2人でダブルスの相性がバツグンの2人が琉球の出鼻をくじくのか。対する琉球からは丹羽孝希と有延大夢が登場。リオ五輪メダリストの登場に敵地岡山のファンも沸いた。

試合は第1ゲームから岡山の猛攻が火を噴く。上田の回り込みのフォアが対角線上の有延をノータッチで崩したかと思えば、キレのある森薗のチキータレシーブが有延をぶち抜く。2ゲーム目はデュースにもつれ込むが、最後は琉球ペアが粘りきれずあえなくネットにかける。貴重な1戦目を岡山がものにした。

第2マッチは世界ランキング7位・韓国のエース李尚洙(イ・サンス)が登場。対する琉球は台湾のベテラン・荘智淵だ。世界ランキングだけに目を向ければ李尚洙の方が上だが、数字だけでは測れないのが卓球の世界。荘が3−1で李を下してみせた。第1ゲームを荘が先取しリズムを作ると、第2ゲームを李が取り返すも、第3、第4ともに李を寄せ付けず、勝利。琉球が第2マッチを手にし、巻き返しを図る。

第3マッチは岡山リベッツから吉田雅己、琉球アスティーダから丹羽孝希が登場。両者とも、卓球の名門、青森山田の出身、しかも同級生だ。この試合はまさに丹羽の独壇場。鋭いカウンターが要所で炸裂、吉田も一矢報いて1ゲームを取り返すが、最後は丹羽に押し切られ、3−1で琉球が連勝する。

動画で見たい、森薗と陳建安の死闘

第4マッチ、後がない岡山リベッツは森薗政崇が登場、一方、勝って試合を決めたい琉球は台湾の陳建安が登場。両者の意地がぶつかる第4マッチはまさに死闘となった。チキータで相手を崩そうとする森薗とパワフルな打球で森薗を崩そうとする陳。両者の得意技がぶつかる試合は最終ゲームまでもつれ、最後は森薗に軍配。やはり見どころは、最後の1球。陳のサーブに森薗が強烈なチキータを見舞い、ノータッチでぶち抜いた。試合を決めた瞬間、森薗はラケットを静かに放り投げ、天を仰いでみせた。普段は点を取るごとに大声で吼える森薗の静かなパフォーマンスからは「誰も取れないチキータだった」と言わんばかりの自信がみなぎっていた。この一発はぜひ動画で見てほしい。

第5マッチ、11点先取の1ゲームマッチで決まるビクトリーマッチ。勝負を決める大一番に登場したのは岡山リベッツの精神的主柱・上田仁。一方の琉球は第2マッチで韓国のエース李を下した荘智淵が再登場。両者のパワフルなフォアの打ち合いを制したのは上田。最後は天を仰いでガッツポーズ。一進一退の試合を制したのは岡山リベッツだった。

12/9 岡山リベッツ vs 琉球アスティーダ

◯上田仁/森薗政崇 2-0 丹羽孝希/有延大夢
11-6/16-14

イサンス 1-3 ◯荘智淵
7-11/11-3/9-11/4-11

吉田雅己 1-3 ◯丹羽孝希
4-11/5-11/14-12/6-11

◯森薗政崇 3-2 陳建安
9-11/11-8/11-9/11-13/11-8

◯上田仁 1-0 荘智淵
11-8

文:ラリーズ編集部