*写真:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/ittfworld

<2018年世界ジュニア卓球選手権大会(ベンディゴ) 2018年12月2日~9日>

世界ジュニア選手権は最終日を迎え、男子シングルス準決勝が行われた。日本男子では、準々決勝で中国選手を破った宇田幸矢(12月度男子世界ランキング94位・17歳)=JOCエリートアカデミー/大原学園=が出場。対戦相手は戸上を破って勝ち上がった中国のXIANG Pengだ。

試合は序盤宇田ペースで進む。宇田はフォアサイド手前へのサーブとバックサイド奥に出すロングサーブで相手を翻弄し、的確に攻めのパターンを作り出す。第2ゲーム、宇田がゲームポイントを握りながら点差を詰められてしまい、タイムアウトするも、中国選手らしい驚異的な粘りで10-10と追いつかれてしまう。だが、ここで宇田が引き締め直し12-10でこのゲームを奪取した。

第3ゲームもデュース戦を制し、3-0で迎えた第4ゲーム、宇田のサーブミスで10-11とするも、そこで集中力を途切らせることなく、13-11でこのゲームを取り、見事決勝進出を決めた。決勝はXU Haidong(中国)と日本時間15:30から対戦予定だ。宇田は2016年に張本智和が優勝して以来、2年ぶりの優勝を目指す。

世界ジュニア選手権 大会最終日 日本選手の結果

男子シングルス 準決勝

宇田幸矢 4-0 XIANG Peng(中国)
11-9/12-10/13-11/13-11

文:ラリーズ編集部