「日本を代表する選手になる」

1932年創部の同志社大学フィギュアスケート部の中で一際輝きを見せる選手が2年生の友野一希。11月のGPシリーズ・ロシア杯で3位入賞。華麗な演技で会場を沸かせ、シニア2年目で表彰台に上った。世界のトップスケーターとして歩み始めた友野が大学スポーツで得たものとは何なのか、その輝きを記録する。