AFC東地区

ニューイングランド・ペイトリオッツ7勝2敗

第5週コルツ○38対24

第6週チーフス○43対40

第7週@ベアーズ○38対31

第8週@ビルズ○25対6

第9週@パッカーズ○31対17

第6週には5連勝で勢いに乗っていたチーフスに勝利。第9週は、ペイトリオッツQBトム・ブレイディがパッカーズQBアーロン・ロジャースとのキャリア史上二度目の対戦に勝利し、6連勝。

「17点に抑えた守備が素晴らしいプレーをみせてくれた。攻撃はもっといいプレーができる場面もあったが、第4Qに勝負どころでいいプレーができた。強い相手に勝つときはいつだった嬉しいよ」

と、ブレイディは第4Qに14得点を挙げ勝負を決めた試合を振り返った。

マイアミ・ドルフィンズ5勝4敗

第5週@ベンガルズ●17対27

第6週ベアーズ○31対28

第7週ライオンズ●21対32

第8週@テキサンズ●23対42

第9週ジェッツ○13対6

ベンガルズ戦でQBライアン・タネヒルが肩を負傷。「球威が戻っていない」とチームがコメントしており、復帰には2週間以上かかる予定だ。

ニューヨーク・ジェッツ3勝6敗

第5週ブロンコス○34対16

第6週コルツ○42対34

第7週バイキングス●17対34

第8週@ベアーズ●10対24

第9週@ドルフィンズ●6対13

QBサム・ドーナルドは、ブロンコス戦とコルツ戦ではパサーレイティング98.1と113.9をそれぞれ記録。しかし、バイキングス戦では3インターセプト、ドルフィンズ戦では4インターセプトを喫し、30台のパサーレイティングを記録してしまった。

バッファロー・ビルズ2勝7敗

第5週タイタンズ○13対12

第6週@テキサンズ●13対20

第7週@コルツ●5対37

第8週ペイトリオッツ●6対25

第9週ベアーズ●9対41

ルーキーQBジョッシュアレンがテキサンズ戦で肘を負傷。第7週以降は平均6.7点と厳しい状況だ。

AFC北地区

ピッツバーグ・スティーラーズ5勝2敗1分

第5週ファルコンズ○41対17

第6週@ベンガルズ○28対21

第7週bye

第8週ブラウンズ○33対18

第9週@レイブンズ○23対16

シーズン序盤は2勝1敗1分と苦戦していたが、第5週以降は4連勝。第9週のレイブンスへの勝利は14対26で敗れた第4週の雪辱を果たすことになった。

一方で今オフに契約がまとまらなかったRBレビオン・ベルは未だに復帰していない。10月30日にトレードの期限が過ぎてしまったため、今季ベルの出場は一切ない可能性がある。ベルの代わりに出場しているRBジェームズ・コナーは151回走706ヤード9TDと優秀な成績を残している。

シンシナティ・ベルガルズ5勝3敗

第5週ドルフィンズ○27対17

第6週スティーラーズ●21対28

第7週@チーフス●10対45

第8週バッカニアーズ○37対34

第9週bye

喪失ヤード最下位と守備が大苦戦。第9週のバイで再建しなければ、第10週の2位の得点力を誇るセインツ戦に勝利することは困難だ。

ボルチモア・レイブンス4勝5敗

第5週@ブラウンズ●9対12

第6週@タイタンズ○21対0

第7 週セインツ●23対24

第8週@パンサーズ●21対36

第9週スティーラーズ●16対23

守備は失点2位、喪失ヤード1位と完璧だが、セインツ戦とスティーラーズ戦を1ポゼッション差で敗れ、3連敗。

「ラマー・ジャクソンをもっと活用していきたい」

とジョン・ハーボーヘッドコーチは、ルーキーQBに解決策を見出している。

クリーブランド・ブラウンズ2勝6敗1分

第5週レイブンズ○12対9

第6週チャージャース●14対38

第7週@バッカニアーズ●23対26

第8週@スティーラーズ●18対33

第9週チーフス●21対37

スティーラーズ戦に敗れた時点でヒュー・ジャクソンHCと、トッド・ヘイリー攻撃コーディネーターを解雇。グレッグ・ウィリアムズ守備コーディネーターが臨時でHCに就任したが、チーフス戦に敗れ4連敗を喫した。