強行出場の代償は、どれだけ大きいのか。

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(23=ANA)が出場権を得ていたGPファイナル(12月6日・カナダ)を欠場することが決まった。

 11月17日のロシア杯フリー当日の公式練習で右足首を負傷。3週間の患部安静固定、その後のリハビリに約1カ月の診断を受けていた。12月21日に開幕する全日本選手権(大阪)の出場も絶望的だ。

 

 全日本選手権は来年3月の世界選手権(埼玉)最終選考会を兼ねるため、代表入りを目指すには出場が必須だが、日本スケート連盟の規定には「過去世界選手権3位以内に入賞した実績のある選手についてはケガなどやむを得ない理由で全日本に出場できなかった場合、選考基準に照らし、世界選手権での状態を見通しつつ選考する」とある。

 羽生にはインフルエンザで欠場した16年シーズン、右足首を負傷した17年シーズンで、この規定が適用されてきた。

 伊東秀仁フィギュア委員長は「今季は世界選手権が日本であるので、そこを目指して頑張ってもらいたい」と今回も羽生を完全バックアップする構え。特例が3年連続で適用されれば異例のことだが、五輪を連覇した絶対王者以上に「実績」のある人はいない。異論はないだろう。

・合わせて読みたい→
浅田舞が選ぶ妹・真央の名場面(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/maiasada-introduction-of-the-best-scenes/)

特例に異論はないが、問題は別のところに…

 

 問題は、ケガの深刻さだ。

 昨年11月に右足首の靱帯(じんたい)を損傷。故障後、ぶっつけ本番となった18年2月の平昌五輪では男子66年ぶりの連覇を達成した。見事な復活劇で日本中を熱狂させ、国民栄誉賞を受賞した。

 続く今シーズン、不安を感じさせない演技を見せていたが、2戦目ロシア杯で古傷を再発。ケガが悪化するリスクもわかっていながら、なぜフリーを強行したのか。

 「僕はこの大会に出るのが4回目。初めて来たときはシニアに上がったシーズンで、僕のスケートのルーツはロシアにある。そういった意味でも、ここで良い演技をしたい気持ちが強かった」

「羽生スケートのルーツ」

 棄権も考えたが、あこがれのプルシェンコらを輩出した思い入れのある国で、痛み止めを飲んで出場。遠いロシアまで足を運んでくれた大勢のファンへの思いもあっただろう。感動的な優勝と引き替えに、松葉づえをついて歩く姿が痛々しかった。

 これまでも幾多の困難にぶつかってきた。

 11年の東日本大震災で被災し、練習拠点とする地元仙台のリンクが一時閉鎖。16年には左足甲付近の関節靱帯を痛めた。肉体面、精神面の苦しみ、スランプもあったが、そのたびに乗り越える姿はある意味、神懸かり的なものがあった。きっと羽生なら、またやってくれるはず。奇跡を何度も目にしてきたファンは、復活を信じて疑わない。

酷使してきた足首は…

 だが、関係者によると、酷使してきた足首は「ボロボロの状態」で、選手生命にも影響しかねないという。

 足首の靱帯周辺は完治が難しい箇所で「クセ」になってしまっている可能性が高い。4回転ジャンプが当たり前の時代になり、踏み切り、着氷時にかかる足首への負担増は言うまでもない。

 まだ23歳。今後の競技生活を見据えれば、世界選手権を見送り、思い切って今シーズン全休する選択肢があっても不思議ではない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]