「キツい方をとらないと後悔すると思った」

全日本インカレに臨む直前の中央大学バレーボール部主将・柳田貴洋に1日密着。バレーボールから一度は離れる決断をした柳田だが、情熱を取り戻し再び夢の道に進む決断をした。あえて厳しい環境に立ち向かう柳田が大学スポーツで得たものは何なのか。仲間と共に歩んだ道のりと、その輝きを記録する。