第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 長野代表決定戦・女子決勝。 

両校とも3年以上ぶりの全国を目指す、春高全国経験者がコートにいない状態で始まった決勝戦。

試合は序盤から両チームが点の取り合いでもつれた展開になるも、

第1セットは東海大諏訪の高さが光り、東海大諏訪が先取。

しかし第2セットからは都市大塩尻のシンクロバレーが機能しだし、第2・第3セットを奪い返します。

第4セットはまたも東海大諏訪が奪って迎えた最終セット。

都市大塩尻が立ち上がりから流れを掴み見事勝利。

3年ぶり6回目の全国出場を決めました。

 

 

解説:大林 素子(元日本代表)

実況:小川 功二

協力:長野放送