「地球上最強のアスリート」と言っても過言ではないであろう、ボクシング・井上尚弥。

実は井上尚弥、2018年は2試合で合計182秒、つまり約3分(1ラウンド分)しかリングに立っていない…。

その強さの秘密はどこにあるのだろうか。

井上の所属ジム会長で、現役時代は「100年に1人の天才」と言われた元世界チャンピオン・大橋秀行さんに、「150年に1人の天才」と呼ばれる井上尚弥の心技体、今回は「体」について語ってもらった。

 

・合わせて読みたい→
【特集】地球上で最強のアスリート 井上尚弥(http://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)

「ボクサーは足細い方が良い」と言う定説を覆した井上尚弥

 

 ボクサー・井上として「体の強さを証明するのはどこか?」と聞かれれば、私は真っ先に下半身の強さを挙げます。

 俊敏なフットワークが求められるボクシングにおいて、下半身に筋肉が付きすぎるのは良くないとされ、「足が細い方が良い」といった定説がありました。
ですが、井上は普段のロードワークに加え、車押しといった下半身を鍛えるメニューを積極的に取り入れています。だから、太ももががっしりしている。にもかかわらず、試合ではスピード感溢れるボクシングを披露してくれているわけです。井上はいわば、肉体的にもボクシングの概念を覆してくれた選手なのです。

 実際、ボクサーにとっても下半身の強さは重要です。力強いパンチを打つためには、やはり強靭な下半身から上半身に効率よく力を伝えなければなりません。

 野球のピッチャーが良い例でしょう。速いボールを投げるためには、腕の力だけではなく下半身の動きも重要になるのと同じです。

横浜高校野球部で歴史上最もパンチ力があったのは…

 私の母校である横浜高校ボクシング部には、こんな逸話があります。全国的にも名門と呼ばれる野球部と同じ合宿所で、彼らがたまに遊びに来てサンドバックをパンチすると、ボクシング部の誰よりも破壊力があった。
特にピッチャーは群を抜いていました。あるOBが言うには、「歴代の横浜高校で一番パンチ力があったのは松坂大輔だった」と。高校時代にエースとして春夏連覇の原動力となり、「平成の怪物」と日本中から注目を集めたピッチャーですから、その話を聞いた際には、違和感なく納得したくらいです。

 野球には重量制限がないため比較しきれない部分があるでしょうが、ピッチャーが強いパンチが打てるということは、それだけ強靭な下半身が備わっているからです。したがって、下半身を鍛えている井上のパンチが強力なのも当然であり、「パワーの源」と断言してもいいでしょう。

井上尚弥を進化させた食事改革

 下半身の強さは子供の頃から続けている練習の賜物なのかもしれませんが、プロになってからの井上は徐々に自分の体への意識が高まっていることも事実です。

 そのひとつが食や栄養素へのこだわりです。プロデビューから2年ほどは、「とんかつを食って勝つ!」といったように、食べたいものを食べるというスタンスでした。そのため、体調を壊したり、ちょっとした故障をすることも珍しくなかった。それが、同じジムの先輩にあたる八重樫などがサプリメントを摂るなど、徹底したコンディショニングをしている姿などを見て、自分もサプリメントやプロテインを精力的に取り入れるようになったのです。
当然のことながら、すぐに効果が出たわけではありませんが、階級をスーパーフライ級に上げた15年あたりから、明らかに体つきが変わり、コンディションを大きく崩すこともなくなりました。

故障で学んだ事も進化の「栄養素」になった

 今でこそ屈強な肉体を手に入れつつある井上ですが、故障という経験も自分の体とより向き合うことになった大きな転機だったと言えます。14年に右拳を故障し、その後、手術をしたことで1年間のリハビリ生活を余儀なくされたことも一因としてありますが、復帰直後に腰を痛めた事で練習を見直すようにもなったのです。

 大きなところで言えばスパーリング。それまでの井上は、試合が近づくと12ラウンドを1日おきにこなすというハードなトレーニングを課していました。15年9月に彼の地元・座間で開催される防衛戦に向け、世界ランカーを4人招聘し、ひとり3ランドずつスパーリングを行ったことで、知らないうちに井上の体が悲鳴を上げていた。

公開スパーリングでもストレートしか打てないほど腰の痛みが増し、試合直前には立っているのもやっとの状態。当日のリング上でも、周りの方からすれば「うまくディフェンスをしているな」と映ったかもしれませんが、実際には試合中でも腰を伸ばしていたり、セコンドの我々が「これは負けるかもしれない」と不安になるようなコンディションだったのです。

 その試合は判定勝ちで切り抜けることができましたが、12月に開催される河野公平との防衛戦は怖かった。相手はしつこいボクシングをしてくるし、井上自身も「もうちょっと時間を空けたほうがいい」と言っていたくらいでしたから。それでも、6ラウンドTKOで勝ってしまうところが彼の強さなのでしょうが。この故障はスパーリングの回数など、練習を見直す良いきっかけとなりました。あの2試合は、現在の井上を語る上で、ターニングポイントと言えるでしょう。

 そうは言っても、トレーニングにリミッターを設けないのが井上というボクサー。今年10月にWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)の試合を観にいった際も、2週間前に試合をしたばかりで、本来、練習をしなくてもいいのに「練習がしたい」と言い出すような男。井上にとってボクシングとは、もはや生活の一部なのです。

つづく

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

井上尚弥 (いのうえ・なおや)

1993年4月10日、神奈川県座間市出身。
今もコンビを組む父・真吾氏の下、小学1年でボクシングを始める。相模原青陵高校時代に7冠を達成し、2012年に大橋ジムからプロ入り。戦績17戦全勝(15KO)。15年に結婚した高校時代の同級生との間に17年10月、長男が誕生した。