第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 福岡代表決定戦・男子決勝。 

8年連続の全国を目指す東福岡と、これが初の決勝進出となった祐誠の一戦。

試合は東福岡が1年エース柳北を中心にペースを握り、第1・第2セットを連取します。

しかしセッター廣田が足をつり交代すると流れが急変。

祐誠が204cmのエース鬼木を中心に猛反撃。第3・第4セットを奪い返し、勝負はフルセットへ。

それでも最後は東福岡のキャプテン伊藤が踏ん張り、祐誠をねじ伏せ、8年連続10回目の全国出場を決めています。

 

解説:高尾和行(ビーチバレー元日本代表・福岡春日シーキャッツ監督)

実況:坂梨 公俊

協力:テレビ西日本