第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 広島代表決定戦・女子決勝。

4年連続同じカードとなった広島県女子決勝。

第1セットは、夏のインターハイ出場の市立沼田が

落ち着いたレシーブからのコンビバレーで10点差をつけ先取。

第2セットは5年連続代表校の進徳女子が意地を見せ、序盤からリードを奪います。

しかし、2年生チームで安定感を欠き、そこを一気に突いた市立沼田が逆転し、そのままストレート勝利

6年連続14回目の全国出場を決めています。

 

解説:山中 しづ枝(広島文化学園大学監督)

実況:加藤 雅也

協力:テレビ新広島