女子プロレスラーで、元クラッシュギャルズの長与千種(ながよ・ちぐさ=53歳)が、夫から暴力を受けていた女性を救い、暴行被害を受けながら相手には一切手を出さなかったことが報道され、称賛の声が集まっている。

 

・合わせて読みたい→
https://cocokara-next.com/topic/discrimination-railway-fan/(https://cocokara-next.com/topic/discrimination-railway-fan/)

 

 長与の説明によると、事件が起きたのは11月19日の午前3時10分ごろ。自ら代表を務めるプロレス団体・マーベラスの札幌興行を終え、市内で後輩とジンギスカンを食べてホテルへ戻る途中、女性の悲鳴が聞こえた。

「助けて」「もうやめて」

 警察へ通報した後、声のする立体駐車場の3階に駆け上がると、男が女性の上に馬乗りのようになっていた。夫婦げんかだった。男は175センチの中肉中背。スカートがはだけ、擦り傷で血を流していた女性を見て、165センチの長与が仲裁に入った。

「女の子に何やってるの、離れて」

 女性を解放した瞬間、男が両手で長与の髪をつかんできた。「髪の毛がブチブチ抜ける音がした」。顔を地面につく寸前までおさえこまれ、振りほどこうとして左手小指を負傷。「骨に違和感があって『ああやったな』って。普通だったらそこで腕を決めるが、その瞬間に技になってしまう。ちょっとでも手を出すと、女子プロレスの歴史に傷をつけてしまうし、(所属している)若い子の人生もダメにしてしまう」と怒りをこらえ、防御に徹した。

 現場に向かってから約5分後、駆けつけた警察官に取り囲まれたのは長与だった。「私じゃないんですけどって(笑)。刑事さんがすごく丁重に『勇気を持ってやっていただいた』と言われたが、当たり前のことをしただけ。相手が危険な物を持っているかもしれなかったが、やっぱり傷を負っている女性がいるのに、見て見ぬふりはできなかった」。酒に酔っていた男は、暴行の疑いで現行犯逮捕された。

 

 SNSでは、長与の勇気ある行動が絶賛されるとともに、「クラッシュズギャルズ」がトレンドワードとなった。1980年代、女子プロアイドルとしてライオネス飛鳥と結成したコンビ名で一世を風靡(ふうび)。「極悪同盟」のダンプ松本、ブル中野と繰り広げた抗争は大きな話題を呼んだ。かつての盟友、ライバルも長与の行動に賛辞を送る。

 ライオネス飛鳥(55歳)「さすが自分のパートナーだなと思います。誇りに思います。本当に勇気ある行動で、すごく感動しました。ケガを早く治して、団体を盛り上げて引っ張っていって下さい」

 ダンプ松本(58歳)「やっぱ『助けて』って声を聞いたら助けに行きますよね。千種らしいですよね。許せないんでしょうね、血が騒ぐでしょうね」

 ブル中野(50歳)「私たち悪役は何をやってもOKだったけど、長与さんは正義の味方って感じでやってるんで、やらなかった(手を出さなかった)んだな。正義の味方をずっと貫いた」

 長与のもとに、ダンプ松本から「千種、大丈夫?」と携帯にメッセージが届いたという。骨折の疑いがある左手小指について、長与は「ダンプさんの竹刀の先が当たって、それがじわじわと続くような痛み」と表現し、笑いを誘った。

 プロレス団体・マーベラスの公式ツイッターは「指のケガより、髪の毛が引っ張られて大量に抜けたことの方がショックのようです」と伝えている。髪の毛といえば、1980年代、敗者髪切りデスマッチで長与は死闘の末にダンプからバリカンで断髪されたことがあった。ケガは職業病。それよりダンプが「大丈夫?」と心配したのは、骨折より髪の毛だったかも?

 
 長与は、逮捕された男に「訴える気持ちはない」と被害届は出さないという。「プロレスをやっていてよかったなって思うのは、相手にやられて、やり返してしまうと、その人と同じになってしまう。プロレスラーだから、気持ちを止められた」。クラッシュギャルズが、本当に正義の味方になった。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]