コミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket by MOALA」は、日本バレーボールリーグ機構が運営するVリーグ公式チケット販売サイト「Vリーグチケット」と連携して、顧客来場体験の向上を目的にしたデジタル施策を実施する。

Vリーグでは昨シーズンより、ライトファンや若年層へのアピール強化、来場者とのコミュニケーション活性化を目指し、「Quick Ticket」を採用。Quick TicketとVリーグチケットのチケット販売・管理システムをAPI連携し、物理スタンプでモギれる電子チケットを発券している。

今回のデジタル施策では、選手画像付きのオリジナル電子チケットの販売や来場者限定のデジタルコンテンツの配信などを行う。今シーズンは、一部を除く試合で、ホームチーム別のオリジナルチケットの販売を実施。今後は、選手の直筆メッセージ入りチケットの販売や、来場者限定のオリジナル壁紙などを展開していく予定だ。