競泳の立石諒選手が7月8日、インスタグラムを更新。講演のために中学校を訪問したことを報告した。

「今日は茅ヶ崎にある赤羽根中学校さんでお話をさせていただきました!」とし、「私と水泳」と書かれたスライドをバックに、マイクを持って生徒の前に立つ自身の写真を公開。「全然うまく話せたかわからないけど、なにか伝えられたら嬉しいな」と当時の心境を吐露。また、「中学生に逆に元気をもらって帰ってきました」「なんか初心に戻るわけじゃないけど、純粋な気持ちになれました 」とコメント。子供達から元気をもらい純粋な気持ちになったことを綴っていた。

ハッシュタグは「#青春」「#いいよね」「#俺いつから」「#老けたの」「#教えて誰か」と記し、自身の青春を懐かしむ様子がうかがえた。

これに対して、「りょーさん、茅ヶ崎来てたんですね!また是非来てください!」「立石選手、お疲れ様です。赤羽根中学校のみなさんが羨ましいです!」「お疲れ様です!貴重な話が聞けた中学生たちが羨ましいです。きっととても良い経験になったでしょうね」「えぇー!!そんなー!! 地元が茅ヶ崎なわたしにとっては羨ましいお話です」とファンからのコメントが寄せられていた。