第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 大阪代表決定戦・男子準決勝。

出場校枠を2つもつ大阪は、準決勝に勝てば全国出場です。

今年2戦戦い、いずれもフルセットにもつれている清風 対 常翔学園。

初の春高全国を目指す常翔学園は第1セット、ダブルエースの亀山と畑中が奮起し、清風に食らいつくも、清風のエース西川の前に力尽きます。

それでも第2セットは亀山のサーブで5連続得点を奪うなどセットを取り返すと、運命の第3セット。

両者譲らない戦いとなるも、最後は清風のエース西山が得点を量産し、清風がフルセットの末、勝利。4年連続26回目の全国出場を決めています。

 

解説:藤田 幸光(元日本代表)

実況:服部 優陽

協力:関西テレビ